BookLive「ブックライブ」のランディングページ 成果を上げる100のメソッド無料立ち読み


【制作→分析→改善→検証→最適化の5つのプロセスを通じて、もっと稼げるランディングページに鍛え上げる!】Webマーケティングのさまざまな施策の中でも、商品やサービスに興味をもったユーザーをコンバージョンへ導くという大切な役割を担うランディングページ。その出来次第でコンバージョン率が大きく変わり、ネット広告のコストパフォーマンスも左右するため、ランディングページの最適化は重要な課題のひとつです。ただし、ランディングページの設計やデザインにひとつの正解はなく、ターゲット層や商品の価格帯等によっても様変わりするため、公開後にページの分析と検証を繰り返しながらベストな形に育てていくというプロセスが欠かせません。本書ではこのような観点から、ランディングページの制作・分析・改善・検証・最適化の各工程での考え方や手法、注意点を100のメソッドにまとめました。初期制作時のポイントだけでなく、「どう分析して課題を見つけ出すか」、「改善を目指す際はどのような考え方で変更するか」というPDCAサイクルを回す際のノウハウも詳細に解説しています。現在進んでいる工程に合わせて読み進められるので、「いま、何をしたらよいか?」という施策の方針も明確になるはずです。これからランディングページを作る方、作ってはみたものの思うように成果が上がっていない方、これからどう改善していくか悩んでいる方にお勧めの一冊です。〈こんな方におすすめ〉◯ランディングページやネット広告を運用するWebマーケティング担当者◯プロモーションを担うPR・広報担当者◯ランディングページ制作に携わるWebプロデューサー/ディレクター〈本書の内容〉■PART1 事前準備・制作のポイント■PART2 ランディングページを分析して課題を見つける■PART3 ランディングページを改善する■PART4 A/Bテストで検証する■PART5 実装・最適化のポイント
続きはコチラ



ランディングページ 成果を上げる100のメソッド無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


ランディングページ 成果を上げる100のメソッド詳細はコチラから



ランディングページ 成果を上げる100のメソッド


>>>ランディングページ 成果を上げる100のメソッドの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ランディングページ 成果を上げる100のメソッドの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するランディングページ 成果を上げる100のメソッドを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はランディングページ 成果を上げる100のメソッドを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してランディングページ 成果を上げる100のメソッドを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)ランディングページ 成果を上げる100のメソッドの購入価格は税込で「2484円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)ランディングページ 成果を上げる100のメソッドを勧める理由

ランディングページ 成果を上げる100のメソッドって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
ランディングページ 成果を上げる100のメソッド普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
ランディングページ 成果を上げる100のメソッドBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にランディングページ 成果を上げる100のメソッドを楽しむのにいいのではないでしょうか。


閲覧者数が急増しているのがBookLive「ランディングページ 成果を上げる100のメソッド」なのです。スマホだけで漫画を味わうことが簡単にできるので、バッグなどに入れて本を常時携帯することも不要で、カバンの中の荷物の軽量化が図れます。
BookLive「ランディングページ 成果を上げる100のメソッド」の販促方法の1つとして、試し読みが可能という取り組みは完璧なアイデアではないでしょうか。時間を考えずに物語の内容を読むことができるので隙間時間を上手く活用して漫画を選べます。
BookLive「ランディングページ 成果を上げる100のメソッド」が親世代に評判が良いのは、若かったころに夢中になった作品を、また手っ取り早く閲覧できるからだと考えられます。
老眼が悪化して、目の先30センチ前後のものがぼや~っとしか見えなくなってきたという読書家にとって、スマホで電子書籍を楽しめるというのは、本当に画期的なことなのです。文字の大きさを自分に合わせられるからです。
断捨離というスタンスが多くの人に受け入れられるようになった昨今、本も印刷物として持つことなく、BookLive「ランディングページ 成果を上げる100のメソッド」を使って閲読する方が多いようです。


ページの先頭へ