BookLive「ブックライブ」の雀鬼伝説無料立ち読み


70年代麻雀劇画の世界がここに復活! 日本初の麻雀漫画雑誌「ギャンブルパンチ」で掲載されていた幻の作品が今、電子書籍となってよみがえる。麻雀がまだ”不健全なもの”とされていた時代、その麻雀にとりつかれた人間たちの情念のドラマが展開!病気の妻の入院費を稼ぐためにたった一度イカサマに走った男の転落を描く「雀張雀(ジャンバルジャン)」、麻雀勝負をしかけては相手を破滅させる破戒僧の物語「地獄僧(ヘルボーンズ)」、勝つか負けるかの瞬間に生を確認する孤高の雀鬼「栄和狼(ローンウルフ)」など全9作を収録。作者:鳴島生 1940年東京都生まれ。1959年横山光輝のアシスタントとなり、集英社の少年誌『日の丸』にて「弾丸3号線」でデビュー。 のちに青年誌に進出し、麻雀漫画を多数執筆。 2003年死去。
続きはコチラ



雀鬼伝説無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


雀鬼伝説詳細はコチラから



雀鬼伝説


>>>雀鬼伝説の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)雀鬼伝説の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する雀鬼伝説を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は雀鬼伝説を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して雀鬼伝説を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)雀鬼伝説の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)雀鬼伝説を勧める理由

雀鬼伝説って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
雀鬼伝説普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
雀鬼伝説BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に雀鬼伝説を楽しむのにいいのではないでしょうか。


読み放題という形は、電子書籍業界にとってはそれこそ先進的な取り組みです。購入者にとっても著者サイドにとっても、魅力が多いということで、早くも大人気です。
「スマホなんかの画面では読みにくいということはないのか?」という疑問を持つ人がいることも認識しておりますが、現実の上でBookLive「雀鬼伝説」を入手しスマホで閲覧すれば、その手軽さに驚愕するはずです。
スマホの利用者なら、手軽に漫画を閲覧することが可能なのが、コミックサイトのセールスポイントです。単冊で買うスタイルのサイトや毎月固定料金のサイトなど多種多様に存在しております。
長く連載している漫画は何冊も買うことになるので、さしあたって無料漫画で内容を確認するという人がほとんどです。やはり情報が少ない状態で書籍を購入するのは敷居が高いということなのでしょう。
電子書籍を購入するというのは、情報をゲットするということを意味するわけです。サービス提供企業が倒産してしまったといった場合は利用できなくなりますから、入念に比較してから安心のサイトを選択しなければいけません。


ページの先頭へ