BookLive「ブックライブ」のBiStory~アイドルを殺したのは誰?~無料立ち読み


BiS(ビス)=結成当初のキャッチコピーは“アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組”。グループ名は、Brand-new idol Society(新生アイドル研究会)の頭文字をとっている。2010年11月活動開始。右も左もわからなかった立ち上げから、オリコントップ10入りを果たすまでになったBiSの裏側が、今、もっともスキャンダラスな形で明かされる!リーダー、プー・ルイが日々の本音を綴ってきた2010年~2013年までの「報告メール」を一挙収録。アイドル界で異彩を放つ特異な活動体の、エグくてエモい1000日!「全裸PV」「IDOL騒動」「グループ内抗争」といったスキャンダラスな事件を巻き起こしながらアイドル界を前進している、異端児アイドル、BiS。そのリーダーであるプー・ルイがBiS立ち上げ期からマネージャーに日々送っていた「報告メール」が、オリコントップ10の常連となりつつある今、公開される。そこには、やめていくメンバーへのやるせない気持ちや、研究員と呼ばれるファン、マネージャー“ジュンジュン”への不満など、苦悩するプー・ルイの本音が赤裸々に綴られている。
続きはコチラ



BiStory~アイドルを殺したのは誰?~無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


BiStory~アイドルを殺したのは誰?~詳細はコチラから



BiStory~アイドルを殺したのは誰?~


>>>BiStory~アイドルを殺したのは誰?~の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)BiStory~アイドルを殺したのは誰?~の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するBiStory~アイドルを殺したのは誰?~を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はBiStory~アイドルを殺したのは誰?~を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してBiStory~アイドルを殺したのは誰?~を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)BiStory~アイドルを殺したのは誰?~の購入価格は税込で「1234円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)BiStory~アイドルを殺したのは誰?~を勧める理由

BiStory~アイドルを殺したのは誰?~って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
BiStory~アイドルを殺したのは誰?~普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
BiStory~アイドルを殺したのは誰?~BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にBiStory~アイドルを殺したのは誰?~を楽しむのにいいのではないでしょうか。


全ての人に等しく与えられた時間を大切にしたいと考えているなら、空き時間を有意義に活用することを考えるべきです。アニメ動画を視聴するのは移動している時でもできますので、それらの時間を活用するというふうに決めてください。
連載系の漫画は連載終了分まで買うことになりますから、ひとまず無料漫画でチョイ読みするという方が増えつつあります。やはり表紙だけみて本を買うというのは難しいことだと言えます。
本屋には置いていないといった昔のタイトルについても、電子書籍なら見つかります。無料コミックのラインナップ中には、中高年層が10代だったころに楽しんだ漫画もいっぱい見受けられます。
スマホで見れるBookLive「BiStory~アイドルを殺したのは誰?~」は、どこかに行くときの荷物を減らすのに役立つと言っていいでしょう。カバンの中に何冊もしまって持ち歩いたりしなくても、思い立った時にコミックを閲覧することができます。
ショップでは、本棚に並べる漫画を立ち読みされないように、ビニール包装することが多いです。BookLive「BiStory~アイドルを殺したのは誰?~」を有効活用すれば試し読みができますから、漫画の趣旨をチェックしてから買えます。


ページの先頭へ