BookLive「ブックライブ」の叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力無料立ち読み


サッカーを通じて40万人の子どもに奇跡を起こした「子育ての賢者」が、テレビ、新聞、雑誌などで大反響の「体罰」に代わる指導方法を教えます。 ご家庭で、学校で、さまざまな指導、教育の現場で、今こそ変わるための必読の1冊!親の言ったとおりにやらない子どもや、ぐずぐずしたり、だらだらしたりと、言うことをきかない子どもを前にすると、つい「早くしなさい! 」「何をしているの!?」と怒鳴っていませんか?イライラして「早く食べなさい」「これをやりなさい」と叱ってしまうことは、指示命令や言い聞かせで、子どもを動かしているということ。でも、そうやって世話を焼かれた子どもが、果たして「自立」した大人に育つでしょうか?自発的に取り組み、自分で考える子どもに育つでしょうか?「叱る」には怖い副作用がいろいろありますが、最たるものは、言ってきかなければ、「げんこつ」に変わる場合もあるということです。また、「叱られてばかりいる子」は、親や指導者の「想定内」までしか伸びません。大人が心がけなければならないのは、思い通りにさせることではなく、「どうしたらいいと思う?」という問いかけです。問いかけることによって、子どもは自分で考え始めます。自分の頭で考え、動いた経験だけが、子どもの自立への蓄えになるのです。「問いかけ」は、子どもと大人の知恵比べです。「これでいいのかな?」「どうしたらいいと思う?」という、いろいろな「問いかけ」を、本書で見つけてください。きっと子どもは、大きく変わっていくでしょう。そして大人も、いつの間にか「怒らない大人」へと変わっていると思います。
続きはコチラ



叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力詳細はコチラから



叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力


>>>叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力の購入価格は税込で「690円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力を勧める理由

叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力を楽しむのにいいのではないでしょうか。


まず試し読みをしてマンガの内容を精査した上で、納得して購入することができるのが、気軽にアクセスできるWeb漫画の良い点です。先に話がわかるので失敗する心配はいりません。
比較したあとに、自分に最適のコミックサイトを選ぶ人が多いようです。電子書籍で漫画を楽しみたいと言うなら、色んなサイトの中より自分のニーズを満たしてくれるものを選び出すことが大事です。
一般的に書籍は返品することができないので、内容を確認したあとで入手したいと考える人には、試し読みで内容が確認できる無料電子書籍は大変便利なはずです。漫画もあらすじを確認してから買えます。
読み放題サービスというのは、電子書籍業界でしか実現不可能な真に革命的な取り組みです。利用する側にとっても出版社サイドにとっても、利点が多いということで注目されています。
次々に新たな漫画が配信されるので、いくら読んでも全て読み終わってしまうおそれがないというのがコミックサイトの長所です。書店ではもう扱われないちょっと前のタイトルも閲覧可能なのです。


ページの先頭へ