BookLive「ブックライブ」の司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>無料立ち読み


※本電子書籍は全てのページが固定レイアウトになっております。マーク、メモ、文字列の検索・引用などの機能があるビュアーであっても使用できません。※ご購入前に、試し読みがある場合は表示状態・画像解像度・機能等についてご確認ください。※紙書籍とは一部異なる仕様となっております。あらかじめご了承ください。1.予備試験で出題が予想される、条文解釈上の基本論点を含む論文式問題を厳選し、掲載。2.「思考のプロセス」により、答案作成に必要な思考過程を紹介。論点間の軽重・関連性もチェックできる。3.参考答案は、論点間のバランスに配慮し掲載。また、側注では論点名も明記。4.「論点解説」では、なぜ本論点が問題となるのかを明示。また、学説・判例を解説。5.「オプション問題」と付属の「学習のポイント」「論点一覧」で、学ぶべき点や出題の意図を紹介。当該分野を網羅的に習得できる。6.平成26年改正会社法に対応した最新版。「参考答案」・「論点解説」もさらに充実。7.全50問であらゆる出題パターンに対応できる能力を養成。「参考答案」を読み込むことで、合格レベルの答案を具体的にイメージできる。平成26年6月27日、制定以来最大の改正となる改正会社法が公布され、平成27年5月1日、同法が施行されました。そして、平成28年予備試験論文式試験(商法)において、改正法で新たに設けられた合併の差止請求(784の2)についての基本的な知識・理解等を問う問題が正面から出題されるに至りました。そこで、平成26年改正会社法に対応した本書を刊行することに致しました。本書をご活用していただくことにより、今後、平成26年改正会社法に関する知識・理解等を問う問題が出題されても、難なく合格答案を作成できる能力が身に付くものと自負しております。また、予備試験が平成23年に初めて実施されてからすでに5年以上経過しました。そこで、本書は、予備試験の論文式試験への対策をさらに万全なものにしていただくべく、過去に実施された平成23年から平成28年までの予備試験の論文式試験(商法)を、出題趣旨及び参考答案とともに巻末に収録することと致しました。ISBN:97848449419962017年11月10日第2版発行を電子化※本作品は2017年10月26日まで配信されていた同名作品の第2版です。
続きはコチラ



司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>詳細はコチラから



司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>


>>>司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>の購入価格は税込で「4099円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>を勧める理由

司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>を楽しむのにいいのではないでしょうか。


本屋では扱っていないような昔に出された本も、電子書籍なら購入できます。無料コミックのラインナップ中には、40代以上の世代がずいぶん前に楽しく読んでいた漫画もかなりの確率で含まれています。
子供の頃に繰り返し楽しんだ懐かしい漫画も、BookLive「司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>」という形で購入できます。店頭では買うことができないようなタイトルもたくさん見られるのがセールスポイントだと言っても良いでしょう。
「比較しないまま選んだ」とおっしゃる方からしたら、無料電子書籍はどれも同じという認識かもしれないのですが、サービスの具体的な内容は会社によって違いますから、しっかりと比較することは結構大事です。
「詳細を理解してから決済したい」と言われる人にとって、無料漫画というのは良い所だらけのサービスに違いありません。運営側からしましても、ユーザー数増大が望めるというわけです。
現在連載中の漫画は数多くの冊数を購入しないといけませんので、先ず初めに無料漫画で軽く読んで確かめるという人が増えています。やはり中身を読まずに漫画を買うのはハードルが高いのでしょう。


ページの先頭へ