BookLive「ブックライブ」のオールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編無料立ち読み


アンティークウオッチの傑作ムーヴメントがわかる!全4回シリーズ。1960年代以前に作られたアンティークの機械式腕時計。その心臓部である機械式ムーヴメントは、緻密でメーカーごとの独自性がはっきりとわかることから、愛好家が最も重用視する部分です。本書は、1900年代初頭から腕時計用としてスイスを中心に作られた機械(ムーヴメント)を、メーカーごとに、そのヒストリーや特徴、そして歴代キャリバー(型式番号)の系譜を簡潔にまとめ、時計専門誌「パワーウオッチ」に掲載された32ページの特集(第4回ロレックス編のみ16ページ)をデジタルBOOK化したものです。第1回「マニュファクチュール編」は、れっきとしたウオッチブランドながらムーヴメントも自社開発する実力メーカー、パテック フィリップ、ロンジン、IWCなどを紹介します。第2回「インディペンデント&デファクト系メーカー編」は、第1回で取り上げたメーカーほどではないものの、当時は自社でムーヴメントを開発し、自社ブランドの時計も展開していた独立系メーカー、モバードやユニバーサルなどです。第3回「エボーシュSA編」は、時計メーカーに供給する、いわゆる汎用ムーヴメントを製造していたムーヴメントメーカーです。そのなかでも歴史に名だたるメーカーが参加していた団体「エボーシュSA」の各メーカーにスポットライトを当てました。クロノグラフの傑作バルジューやヴィーナスなど。そして第4回は、言わずと知れた自動巻きムーヴメントの雄「ロレックス編」です。自動巻きのベースとなった手巻き式ムーヴメントからバブルバックに搭載された世界初の全回転ローター式ムーヴメント、そしてロレックス躍進の原動力となったCal.1000系、Cal.1500系自動巻きムーヴメントまでを紹介します。
続きはコチラ



オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編詳細はコチラから



オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編


>>>オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するオールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はオールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してオールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編の購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編を勧める理由

オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
オールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にオールドムーヴメントBook 第1回マニュファクチュールブランド編を楽しむのにいいのではないでしょうか。


購入した書籍は返品することができないので、内容を確認したあとで購読したい人にとっては、試し読みであらすじの確認ができる無料電子書籍は非常に重宝するでしょう。漫画も内容をチェックした上で買い求められます。
「出版されているすべての漫画が読み放題なら、こんなに良い事はない!」という漫画好きのニーズを反映する形で、「月額料金を支払えば購入の度に決済しなくてよい」という形式の電子書籍が誕生したのです。
コミック本は、読み終わった後に古本買取専門店などに売却しようとしても、わずかなお金にしかなりません、もう一度読みたいときに大変です。無料コミックを利用すれば、収納場所も不要なので片付けに苦労しません。
コミックの発行部数は、ここ数年下降線をたどっているという現状です。昔ながらの営業戦略は捨てて、宣伝効果の高い無料漫画などを提供することで、新規顧客数の増大を狙っているのです。
様々な本を耽読したいという方にすれば、沢山買い求めるのは金銭的ダメージが大きいものと思われます。ところが読み放題だったら、書籍代を縮減することができるので負担が軽くなります。


ページの先頭へ