BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.1無料立ち読み


機械式腕時計の黄金期ともいわれている1960年代以前の名機に焦点を当て、その魅力を多角的に紹介する業界唯一のアンティークウオッチ専門誌です。その記念すべき第1号のメイン特集は、雑誌のタイトルにもなっている「ロービート」に焦点を当てた「ロービートはやっぱりいいね」。このロービートとは当時の腕時計に搭載されていたムーヴメント(駆動させる機械)の振動数に対して使われている言葉であり、アンティークウオッチの良さはまさに「ロービート」にあると言われるほど、愛好家の間では広く使われるキーワードのひとつです。そこで本特集では、なぜロービートがいいのかを三つの章に分けて紹介しています。第1章では「なぜ、ロービートがいいのか?」を日本のアンティークウオッチ業界を牽引する二人の重鎮、銀座シェルマン代表の磯貝吉秀氏とケアーズ代表の川瀬友和氏にプロの視点からその魅力について語ってもらいました。続く第2章では、そのメカニズムに触れ、そして第3章では、ロービートムーヴメントの最高峰と言われる名機を例に、その素晴らしさを別の角度から紹介しています。この特集以外にも当時主流だった二つのインダイアルを備えたクロノグラフをクローズアップした「2レジスタークロノの世界」や5人の愛好家の自慢の逸品を紹介する「愛好家自慢の逸品時計図鑑」。角型ムーヴメントを搭載した「魅惑のレクタングル」など、アンティークウオッチの素晴らしさを十分堪能できる、見て、そして読んで楽しい一冊です。
続きはコチラ



LowBEAT No.1無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


LowBEAT No.1詳細はコチラから



LowBEAT No.1


>>>LowBEAT No.1の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.1の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するLowBEAT No.1を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.1を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してLowBEAT No.1を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.1の購入価格は税込で「1890円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.1を勧める理由

LowBEAT No.1って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
LowBEAT No.1普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
LowBEAT No.1BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にLowBEAT No.1を楽しむのにいいのではないでしょうか。


人気のタイトルも無料コミックを介せば試し読み可能です。スマホやノートブック上で読めますから、他人に知られたくないとか見られるとバツが悪い漫画もコソコソ読むことができます。
マンガの購読者数は、ここ数年下降線をたどっている状態なのです。古くからのマーケティングは見直して、誰でも読める無料漫画などを展開することで、新規顧客の獲得を狙っています。
電子書籍ビジネスには多くの企業が進出していますから、間違いなく比較してから「どの電子書籍を選択するのか?」を決定することが必要です。取扱い書籍の数量や料金、サービスの中身を比べてみると間違いありません。
スマホで読めるBookLive「LowBEAT No.1」は、移動する時の持ち物を軽減するのに役立つと言えます。カバンの中に読もうと思っている本を入れて持ち歩いたりしなくても、自由に漫画を見ることができるわけです。
いつも持っているスマホに全ての漫画を入れることにすれば、収納場所を気にすることがなくなります。一回無料コミックから読んでみると良さが理解できるでしょう。


ページの先頭へ