BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.2無料立ち読み


今号の表紙を飾る時計は、インターナショナル・ウオッチ・カンパニーのMark IX(マーク9)。現物はほとんど目にすることは不可能といわれるほど、とても珍しい幻の逸品です。そして今号の大特集は「自分だけの逸品を見つける旅」。海外のアンティークショップ取材を通して、その土地ならではのアンティークウオッチ事情を紹介しようというものです。第1回目の今回はフランス・パリを取材。パリ近郊にあるアンティークショップ6軒に加えて記事冒頭ではパリ在住で、レストランのシェフ兼オーナーでありながらも、なぜかアンティークウオッチの修理、販売も行うという何ともユニークな日本人、KENJIさんをクローズアップしました。また、この号ではアンティークウオッチビギナー向け企画として「アンダー30万円アンティークのすすめ」を特集。30万円以下の予算で、はたしてどのようなモデルが買えて、おすすめアンティークにはどのようなモノがあるのかなどを紹介しています。一方、ムーヴメントもすべて自社で製造する屈指のマニュファクチュールとして知られたジャガー・ルクルトが、他社に提供していたムーヴメント(エボーシュ)とそれを採用したブランドに焦点を置いたTHE SAME HEARTS「“ルクルト”ベースの名機たち」も時計好きの方には必見の企画です。連載企画マニュファクチュール・アーカイブ 第2回は、インターナショナル・ウオッチ・カンパニーが誇るぺラトン式自動巻き機構搭載ムーヴメントである、キャリバー85系ムーヴメントをフィーチャーしました。
続きはコチラ



LowBEAT No.2無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


LowBEAT No.2詳細はコチラから



LowBEAT No.2


>>>LowBEAT No.2の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.2の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するLowBEAT No.2を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.2を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してLowBEAT No.2を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.2の購入価格は税込で「1890円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.2を勧める理由

LowBEAT No.2って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
LowBEAT No.2普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
LowBEAT No.2BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にLowBEAT No.2を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「どのサービスで書籍を入手するか?」というのは、案外大切なことだと考えます。値段とかサービスなどが違うのですから、電子書籍というのは色々比較して決めなければならないと断言します。
「外出中であっても漫画に没頭したい」などと言われる方にオススメできるのがBookLive「LowBEAT No.2」なのです。荷物になる書籍を鞄に入れて歩く必要性もなく、カバンの中身も重くなりません。
電子書籍を買い求めるというのは、ネットを媒介に文字とか絵などの情報を手に入れることだと言っていいわけです。サービス提供企業が倒産してしまうようなことがありますと利用できなくなりますから、入念に比較してから信頼のおけるをチョイスしましょう。
読み放題サービスというのは、電子書籍業界でしか実現できない真に革命的とも言える挑戦になるのです。利用者にとっても制作者サイドにとっても、メリットが多いと言えるのではないでしょうか。
サービスの細かな点に関しては、運営会社毎に違います。従って、電子書籍を何処で買うかということについては、当然比較したほうが良いと考えます。適当に選ぶのは危険です。


ページの先頭へ