BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.4無料立ち読み


見所は41ページの大特集「オールドインターにぞっこん」です。オールドインターとは1930年代から70年代頃までのインターナショナル・ウォッチ・カンパニー(現IWC)のことで、実用性を重視した作りから、日常的にいまなお使えるアンティークとして愛好家の間では一目置かれる存在です。特集前半ではそんなオールドインターの人気の理由のひとつでもあるムーヴメントについて当時のキーマンであった、エルンスト・ヤコブ・ホムバーガーとアルバート・ペラトンの二人の開発者に焦点を当てながら、数多くの名ムーヴメントとともにその魅力を検証していきます。そして特集後半ではオールドインターの代表モデル、マークシリーズ、インヂュニア、アクアタイマー、ヨットクラブの4機種をクローズアップ。それぞれ歴代モデルの系譜や違いなど資料としても役立つ内容です。また、本誌第2号で特集したTHE SAME HEARTS「ルクルトベースの名機たち」に続く第2弾としてお届けする「バルジュー23、成功の理由」は、ロレックスやパテック フィリップといった名門メーカーからも採用されたクロノグラフムーヴメントの名機に焦点を当てました。好評連載企画のマニファクチュールブランド アーカイブ第4回は、かつて高級クロノグラフの名門ブランドとして知られた「ユニバーサル」の特集です。そして、前号からスタートした「Dr 川瀬のメンテナンス道」、今号のお題「風防」も見逃せません。
続きはコチラ



LowBEAT No.4無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


LowBEAT No.4詳細はコチラから



LowBEAT No.4


>>>LowBEAT No.4の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.4の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するLowBEAT No.4を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.4を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してLowBEAT No.4を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.4の購入価格は税込で「1890円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.4を勧める理由

LowBEAT No.4って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
LowBEAT No.4普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
LowBEAT No.4BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にLowBEAT No.4を楽しむのにいいのではないでしょうか。


どういった話なのかが分からない状態で、表紙を見ただけで読むかどうか決めるのはハイリスクです。タダで試し読みができるBookLive「LowBEAT No.4」を利用すれば、ざっくり内容を精査してから買い求めることができます。
1ヶ月分の月額料をまとめて払えば、諸々の書籍を何冊でも読むことができるという読み放題サービスが電子書籍で一般化してきています。一冊ずつ購入しなくても読めるのが人気の理由です。
電車に乗っている時も漫画に触れていたいといった人にとって、BookLive「LowBEAT No.4」ほど有用なものはないと言っていいでしょう。たった1台のスマホを手に持っていれば、好きな時に漫画を読むことができます。
先だってある程度中身を知ることが可能であれば、購入してしまってから失敗だったということがありません。普通の本屋さんで立ち読みをするときのように、BookLive「LowBEAT No.4」でも試し読みができるので、中身を知ることができます。
BookLive「LowBEAT No.4」のサイトで若干違いますが、1巻全てのページをフリーで試し読みできるというところも若干あります。1巻はタダにして、「これは面白いと感じたら、残りの巻をお金を支払って買ってください」という営業戦略です。


ページの先頭へ