BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.6無料立ち読み


今号のメイン特集は5号に引き続き「クロノグラフ大全」の第2章です。第1章はそもそもクロノグラフウオッチとはどのようなものなのかをテーマに、歴史を軸に全体を俯瞰(ふかん)した内容でお届けしましたが、第2章ではクロノグラフ機構のメカニズムに焦点を置き、制御・伝達の仕組みや、メーカーによる違いなど図版を交えながらわかりやすく解説しています。なかでも、かつてロレックスのデイトナにも採用され、手巻きクロノグラフムーヴメントの名機として知られるバルジュー社のCal.72を実際に分解し、その仕組みを紹介するページはアンティークファンならずとも必見です。また、今回で3回目を迎える「自分だけの逸品を見つける旅」は、ドイツの東の端に位置する古都「ドレスデン」とドイツ時計産業の聖地でありチェコとの国境沿いにある山あいの町「グラスヒュッテ」を取材しました。第2次世界大戦に敗戦したため旧東ドイツとなったドレスデンとグラスヒュッテ。戦前、戦中はもちろん戦後の国営企業時代の時計など現地のショップで見つけた珍しいアンティークなどを紹介します。他にも、マニュファクチュールブランド アーカイブに代わる新連載企画「アンティーク解体新書 No.001」では、チュードルのサブマリーナを特集。12ページのボリュームに、歴代モデルの変遷を時系列に紹介するなど、資料的価値の高い内容は必見です。そして、今号の「Dr 川瀬のメンテナンス道」は「尾錠・革ベルト」がテーマです。
続きはコチラ



LowBEAT No.6無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


LowBEAT No.6詳細はコチラから



LowBEAT No.6


>>>LowBEAT No.6の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.6の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するLowBEAT No.6を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.6を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してLowBEAT No.6を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.6の購入価格は税込で「1890円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.6を勧める理由

LowBEAT No.6って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
LowBEAT No.6普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
LowBEAT No.6BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にLowBEAT No.6を楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「LowBEAT No.6」のサイトそれぞれですが、丸々1巻全部を無料で試し読みできちゃうというところも見受けられます。取り敢えず1巻のみ試し読みしてもらって「もっと読みたいと思ったら、続きの巻を購入してください」というシステムです。
コミックサイトの一番の利点は、ラインナップの数がとてつもなく多いということだと考えます。売れない本を抱えるリスクが発生しない分、幅広いニーズを満たすだけのタイトルをラインナップすることができるわけです。
売切れになった漫画など、小さな本屋では発注してもらわないと入手困難な本も、BookLive「LowBEAT No.6」形態でバラエティー豊富に販売されているため、どこでもDLして楽しめます。
テレビ放送されているものをオンタイムで追っかけるのは不可能だとう人でも、無料アニメ動画という形で配信されているものなら、各々のお好きなタイミングにて楽しむことが可能だというわけです。
「所有している漫画が多過ぎて置き場所がないから、購入を躊躇する」ということが起こらないのが、BookLive「LowBEAT No.6」が支持される理由です。気が済むまで購入しても、保管場所を気にする必要なしです。


ページの先頭へ