BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.7無料立ち読み


本誌第5号から3回シリーズでお届けしてきた「クロノグラフ大全」もいよいよ最終章です。クロノグラフの歴史に触れた第1章「歴史的機構をひも解く」、基本的な制御と作動の仕組みについて紹介した第2章「メカニズム編」、そして今回はそのメカニズム編「後編」として付加機構をクローズアップ。瞬時に計測をリ・スタートできるフライバック機構、クロノグラフの実用性を大きく広げた12時間積算計、そして二つのタイムを同時に計測できるスプリットセコンド機構とクロノグラフとしての計測機能をさらに高めた三つの機構について詳しく解説します。また、今号のもうひとつの目玉記事は、1930年代にカーベックスと呼ばれる手首の腕曲線にあわせてカーブした角型ケースを発表し話題を読んだアメリカンウオッチ「グリュエン」の特集です。詳細が明らかにされないまま消失してしまった数奇な運命をたどったブランドとしても知られています。今回、コレクターの方たちの協力のもとにあらためてその歴史にスポットライトを当てることができました。そして、前号からはじまった連載企画「アンティーク解体新書 No.002」はチュードルのクロノグラフに焦点を当てて紹介。また、今号の変わりダネ企画「ランゲ懐中時計四つの記銘」にも注目です。アンティークの世界ではあまりなじみのない19~20世紀前半のアドルフ・ランゲの懐中時計について、その見分けるポイントなどについて詳しく解説。なかなか興味深い内容になっています。「Dr 川瀬のメンテナンス道」の今号のお題は「歩度証明」です。
続きはコチラ



LowBEAT No.7無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


LowBEAT No.7詳細はコチラから



LowBEAT No.7


>>>LowBEAT No.7の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.7の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するLowBEAT No.7を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.7を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してLowBEAT No.7を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.7の購入価格は税込で「1890円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.7を勧める理由

LowBEAT No.7って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
LowBEAT No.7普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
LowBEAT No.7BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にLowBEAT No.7を楽しむのにいいのではないでしょうか。


愛用者が鰻登りで増加し続けているのがコミックサイトです。数年前までは「漫画は単行本を買って読まなくちゃ!」という人が多かったのですが、電子書籍という形で買って楽しむという人が増えつつあります。
「連載ものになっている漫画を見るのが好きなんだ」という人には全く必要性が感じられないサービスです。しかし単行本になるのを待って買うという利用者にとっては、前以て無料漫画で概略を確かめられるというのは、何より嬉しいことなのです。
子供だけではなく大人も無料アニメ動画を利用しています。急にアポキャンを喰らってできた時間とか移動中の時間などに、気軽にスマホでエンジョイできるというのは嬉しい限りです。
「全てのタイトルが読み放題だったらどんなに良いだろうね」という漫画オタクの要望に呼応するべく、「月額料を納めれば購入の度に料金が発生しない」というスタイルの電子書籍が生まれたのです。
BookLive「LowBEAT No.7」はノートパソコンやスマホ、iPadからアクセスするのがおすすめです。ほんの少しだけ試し読みが可能になっているので、それによってその漫画をDLするかをはっきり決める人が急増していると言われます。


ページの先頭へ