BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.8無料立ち読み


今号は三つの特集をお届けします。メイン特集はロレックスの「オイスター・パーペチュアル」。360度回転式ローター(扇形の錘)によってゼンマイを自動で巻き上げる世界初の腕時計として1931年に誕生した傑作機です。別名を「バブルバック」と呼びます。回転式ローターを納めるために、裏ブタが泡のように膨らんでいるため、そのフォルムから付けられました。近年はアンティーク市場での流通量もとても少ないうえ、市場価格も30万円台から100万円オーバーまでと幅広く、しかも専門の解説書も刊行されておらず、資料も乏しいため手を出しにくい存在となってしまいました。今回は、初心者でもわかるように、歴史、ムーヴメント(機械)、デザイン、そして購入指南と大きく四つを柱に構成。序章からデザインまでの3テーマでは、これまでの情報を整理しつつ、あらためて見直し全体像を検証してみました。四つ目の購入指南では、文字盤のリダンなど購入する際の注意点を初心者向けに解説しています。特集2では、今号と次号の2回に分けてお届けするダイバーズウオッチの特集です。水に潜れる本格的なダイバーズウオッチが登場してからおよそ60年。当時は防水性能を高めるためにかなりの技術を要しました。そのため開発にまつわる様々な逸話もダイバーズウオッチの魅力となっています。そこで今号はまず歴史編として、現代に至るまでに一体どのような歴史を積み重ねてきたのか、その歴史をひも解きます。特集3は、国産時計のパイオニアであるセイコー。機械式時計の分野において後発であった国産メーカーがスイス腕時計を凌駕する実力を発揮しはじめたのは1960年代に入ってからのことです。今回は、この時期に展開され、グランドセイコーとともに大きな人気を博したキングセイコーの魅力を探ります。
続きはコチラ



LowBEAT No.8無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


LowBEAT No.8詳細はコチラから



LowBEAT No.8


>>>LowBEAT No.8の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.8の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するLowBEAT No.8を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.8を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してLowBEAT No.8を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.8の購入価格は税込で「1890円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.8を勧める理由

LowBEAT No.8って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
LowBEAT No.8普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
LowBEAT No.8BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にLowBEAT No.8を楽しむのにいいのではないでしょうか。


ここのところ、電子書籍業界では今までとは違う「読み放題」というサービスが誕生し話題となっています。1冊毎にいくらというのではなく、月毎にいくらという課金方法なのです。
放送しているのを毎週オンタイムで視聴するのは面倒ですが、無料アニメ動画という形で視聴できるものなら、各自の空いている時間を活用して見ることが可能です。
老眼が進行して、近くにあるものが見づらくなってしまったという読書が好きな高齢者には、スマホ上で電子書籍が読めるというのはすごいことなのです。フォントの大きさを調節して読みやすくできるからです。
BookLive「LowBEAT No.8」が40代以降の人たちに人気があるのは、幼いころに夢中になった作品を、改めて自由気ままに楽しむことができるからだと言えます。
「電子書籍には興味をそそられない」という人も多くいますが、スマホを使って1回でも電子書籍を読むと、その気軽さや決済の楽さからハマってしまうという人が多いのだそうです。


ページの先頭へ