BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.11無料立ち読み


今号の大特集は、ずばり「自動巻き大研究」です。現代における機械式腕時計の標準ともなっている自動巻き機構。しかし本当に普及したのは、この半世紀のことに過ぎません。1777年に生まれたとされる自動巻き機構が、どのような経緯を経ていまに至ったのか。その大まかな歴史を振り返っていくとともに、主要なメカニズムについて徹底解説しています。さらに時計メーカー各社では、どういった設計思想を背景に自動巻き機構を完成させていったのか。各社における自動巻き機構の展開と、いま購入するならば、どの機種が良いのかなどの購入ポイントも交えて紹介。計40Pの大ボリュームでお届けします。また、今回で3回目となるミリタリーウオッチ特集では、現存数が少なく、その希少性でも人気を博す「ドイツ軍用時計」をクローズアップ。そのほかにもアンティーク解体新書 File No.06「ヴァシュロン・コンスタンタン」やDr.川瀬のメンテナンス道「30mmキャリバー」などの連載企画も必見です。さらに今回から、新たに三つの連載コラムがスタート。『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」。POWER Watchのコラム連載でもおなじみの菅野たけし氏による「ウオッチトレンドを考える。」、そして業界関係者が熱い視線を送る海外ショップ情報といった、愛好家も見逃し厳禁な充実した内容となっています。
続きはコチラ



LowBEAT No.11無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


LowBEAT No.11詳細はコチラから



LowBEAT No.11


>>>LowBEAT No.11の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.11の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するLowBEAT No.11を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.11を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してLowBEAT No.11を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.11の購入価格は税込で「1890円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.11を勧める理由

LowBEAT No.11って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
LowBEAT No.11普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
LowBEAT No.11BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にLowBEAT No.11を楽しむのにいいのではないでしょうか。


1~2年前までは単行本という形になったものを買っていたといった人も、電子書籍を利用してみた途端に、便利さに目覚めるということが多いのだそうです。コミックサイトも様々ありますから、兎にも角にも比較してからチョイスすることが不可欠です。
アニメという別世界に熱中するというのは、ストレス発散に非常に有効です。難しい話よりも、シンプルな無料アニメ動画の方が賢明です。
手持ち無沙汰を解消するのに最適なサイトとして、ブームとなっているのがBookLive「LowBEAT No.11」なのです。ショップで漫画を購入せずとも、スマホでアクセスすることで読みたい放題という所が利点です。
容易にアクセスして閲覧することができるというのが、無料電子書籍なのです。売り場まで赴く必要も、インターネットでオーダーした書籍を配達してもらう必要もないのです。
小学生時代に読みまくっていた昔ながらの漫画も、BookLive「LowBEAT No.11」という形で読めます。一般の書店では取り扱っていない作品も豊富にあるのが凄いところとなっています。


ページの先頭へ