BookLive「ブックライブ」のLowBEAT No.12無料立ち読み


近年、アンティーク市場は特に人気モデルの高騰ぶりが際立っており、初心者にはなかなか手が出しにくい状況です。そこで、今号は「隠れた逸品教えます。」と題して、まだそれほど注目されていないながらも、意外とお買い得な実力派を編集部が厳選した大特集を企画しました。ピックアップしたモデルはロレックスのサンダーバードやオメガのコンステレーションといった名を知られつつもまだまだお値打ちなモデル。そしてユニバーサルのポールルーターやオメガのジュネーヴなど、実力の高さに反してあまり注目されていないモデルまでを、計34Pにわたって紹介していきます。また今回は、フリーポートであることから時計の中継地として賑わう香港の現地取材「究極のロレックスを求めて…」なども掲載しています。さらに、好評の連載ミリタリーウオッチ企画では、アメリカ軍用時計にスポットを当てているほか、ロレックスの最高峰に位置づけられているデイデイトを取り上げた中特集もお届けします。もちろん、前回からはじまった本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」をはじめ、10回目を迎えたDr.川瀬のメンテナンス道「モバード」といった連載企画も。今回も愛好家も見逃し厳禁な充実した内容となっています。
続きはコチラ



LowBEAT No.12無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


LowBEAT No.12詳細はコチラから



LowBEAT No.12


>>>LowBEAT No.12の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.12の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するLowBEAT No.12を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はLowBEAT No.12を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してLowBEAT No.12を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.12の購入価格は税込で「1890円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)LowBEAT No.12を勧める理由

LowBEAT No.12って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
LowBEAT No.12普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
LowBEAT No.12BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にLowBEAT No.12を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「通勤時間に車内でカバンから漫画を出すなんて考えたこともない」、そんな人でもスマホに直で漫画をダウンロードすれば、人目を考慮する必要はなくなります。これこそがBookLive「LowBEAT No.12」の人気の秘密です。
読んでみたら「予想よりも楽しめなかった」としても、単行本は返すことができません。しかしながら電子書籍なら最初に試し読みができるので、こうしたことをなくせます。
BookLive「LowBEAT No.12」のサイト次第では、1巻全てのページを料金請求なしで試し読みできるというところも存在しています。1巻を読んで、「もっと読みたいと思ったら、続きを買い求めてください」という戦略です。
各種サービスを凌いで、ここまで無料電子書籍サービスというものが拡大している理由としましては、近所の本屋が姿を消してしまったということが想定されると聞いています。
「電子書籍が好きになれない」という方も多数いるようですが、1回でもスマホで電子書籍を閲覧したら、その手軽さや支払いの簡単さから抜け出せなくなる人が大半だそうです。


ページの先頭へ