BookLive「ブックライブ」のオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]無料立ち読み


アンティークウオッチの傑作ムーヴメントがわかる!全4回シリーズ。1960年代以前に作られたアンティークの機械式腕時計。その心臓部である機械式ムーヴメントは、緻密でメーカーごとの独自性がはっきりとわかることから、愛好家が最も重用視する部分です。本書は、1900年代初頭から腕時計用としてスイスを中心に作られた機械(ムーヴメント)を、メーカーごとに、そのヒストリーや特徴、そして歴代キャリバー(型式番号)の系譜を簡潔にまとめ、時計専門誌「パワーウオッチ」に掲載された32ページの特集(第4回ロレックス編のみ16ページ)をデジタルBOOK化したものです。第1回「マニュファクチュール編」は、れっきとしたウオッチブランドながらムーヴメントも自社開発する実力メーカー、パテック フィリップ、ロンジン、IWCなどを紹介します。第2回「インディペンデント&デファクト系メーカー編」は、第1回で取り上げたメーカーほどではないものの、当時は自社でムーヴメントを開発し、自社ブランドの時計も展開していた独立系メーカー、モバードやユニバーサルなどです。第3回「エボーシュSA編」は、時計メーカーに供給する、いわゆる汎用ムーヴメントを製造していたムーヴメントメーカーです。そのなかでも歴史に名だたるメーカーが参加していた団体「エボーシュSA」の各メーカーにスポットライトを当てました。クロノグラフの傑作バルジューやヴィーナスなど。そして第4回は、言わずと知れた自動巻きムーヴメントの雄「ロレックス編」です。自動巻きのベースとなった手巻き式ムーヴメントからバブルバックに搭載された世界初の全回転ローター式ムーヴメント、そしてロレックス躍進の原動力となったCal.1000系、Cal.1500系自動巻きムーヴメントまでを紹介します。
続きはコチラ



オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]詳細はコチラから



オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]


>>>オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]の購入価格は税込で「1296円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]を勧める理由

オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にオールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]を楽しむのにいいのではないでしょうか。


定期的に最新作品が配信されるので、どれだけ読んでも全て読み終わってしまう心配など全く不要というのがコミックサイトの長所です。書店ではもう扱われないちょっと前のタイトルも入手できます。
スマホを使っている人は、BookLive「オールドムーヴメントBook No.1~4[合本版]」を手軽に読めます。ベッドで横になりつつ、寝入るまでのリラックスタイムに見るという人が増加しています。
いつでも無料漫画が読めるということで、ユーザー数が急増するのは少し考えればわかることです。書店と違い、人の目にビクつくことなく立ち読みすることが可能だというのは、電子書籍の特長だと言えるのです。
電車に乗っている間などの空き時間を有効に使って、無料漫画を調べて興味がそそられた本を見つけてさえおけば、土曜日や日曜日などの時間が空いたときに購入して続きの部分を読むってこともできます。
現在連載中の漫画は何十巻と買わないといけないので、ひとまず無料漫画でチョイ読みするという人が目立ちます。やはりあらすじを知らずに買うかどうかを決めるのはなかなか難易度が高いのです。


ページの先頭へ