BookLive「ブックライブ」の幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~無料立ち読み


あなたには、叶えたい願いはありますか?「ある!」という人も、「よくわからない……」という人もいると思います。どちらの人も、「今よりもっと幸せになりたい!」と思う気持ちは同じではないでしょうか?この本は、信じていた彼に二股をかけられ振られ、人生のどん底の中で、「今よりもっと幸せになりたい!」と望んだ、アラフォーの主人公知恵子が、偶然出逢った、オカマバーのママ神子と従業員テンコから、『未来脚本』という、理想の一日を脚本にすることで、自分の未来が、本当に脚本通りになってしまう(!)、不思議な願望達成法を教えてもらうというお話です。物語は、『未来脚本』に倣って、ストーリーのある脚本型で進んでいきますが、内容はノンフィクションです。物語を読み進めていくと、未来脚本を書くことで、あなたの未来はどう変わるのか?人間の脳の仕組みやこの世のシステム、未来脚本の書き方など、あなたの願いを叶えるための方法が、どんどん明かされていきます。あなたはこの本を読み終えた時、きっと未来脚本を書きたくなるはず。あなたが未来脚本を書き上げた瞬間から、あなたの人生は、大きく理想に向かって動き始めるかもしれません!【著者プロフィール】夢野さくら神奈川県藤沢市生まれ。高校卒業後、劇団青年座研究所に入所。卒業後、劇団青年座、演技部に入団。女優として、ドラマ、舞台、CM、アニメの吹き替えなど、幅広く活動。退団後、演劇ユニットを設立し、執筆、演出活動を開始。テレビアニメ「サザエさん」の脚本を筆頭に、舞台、映画、CDドラマなどの脚本を手掛ける。2009年10月に、(有)クリスタル・エンタープライズという、願望達成に関するセッションを提供する会社を設立し、願望達成カウンセラーとしての活動を開始。
続きはコチラ



幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~詳細はコチラから



幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~


>>>幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~の購入価格は税込で「583円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~を勧める理由

幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~を楽しむのにいいのではないでしょうか。


コミックサイトも少なくないので、比較して自分に適したものを選ぶことが大切です。そんなわけですから、まず第一にそれぞれのサイトの良い所を知るようにしてください。
お店では、スペースの問題から売り場に並べられる数が限られてしまいますが、BookLive「幸せをつくる 未来脚本 ~毎日がときめく「引き寄せ」体験ストーリー~」においてはそういった制限が必要ないので、発行部数の少ない書籍も取り扱えるというわけです。
「電子書籍に抵抗がある」という本好きな方も少なくありませんが、スマホを使って1回でも電子書籍を読んでみれば、持ち運びの楽さや購入の楽さからヘビーユーザーになる人が多いらしいです。
読み終わったあとに「考えていたよりもつまらなく感じた」という場合でも、単行本は返すことなどできないのです。だけれど電子書籍ならまず試し読みから入れるので、こうした事態をなくすことができるというわけです。
様々な本を耽読したいという人からすれば、沢山買い求めるのは金銭面での負担が大きいものです。だけれど読み放題を利用するようにすれば、本代を大幅に切り詰めることもできるというわけです。


ページの先頭へ