1. BookLive!(ブックライブ)まずは無料試し読みをしよう
  2. ブックライブ電子書籍ストア4|「ブックライブ」無料試し読み
  3. ブックライブ作品8|「ブックライブ」無料試し読み
  4. 部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ|「ブックライブ」無料試し読み

BookLive「ブックライブ」の部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ無料立ち読み


部下のやる気アップよりも、まずは部下のやる気を下げない!ポイントは部下のやる気を下げないからのスタートです。『やる気マイナス』から『やる気プラス』よりも、『ゼロ』から『やる気プラス』の方が簡単です。やる気を下げない部下マネジメントが出来ていると、部下のやる気アップは断然やりやすくなります。まずは『部下のやる気アップ』よりも『部下のやる気を下げない』。この考え方で部下のやる気アップが成功します。本書では考え方の解説だけではなく、簡単に実行できるしかけも併せて紹介しています。【著者プロフィール】著者:白潟敏朗1964年神奈川生まれ。埼玉大学経済学部経営学科を卒業。1990年に監査法人トーマツのコンサルティング部門に入社。経営、戦略、業務、IPOコンサルティングを経験。1998年からISOコンサルティング会社・審査会社を立上げ。2006年にトーマツ・イノベーションを設立、定額制研修イノベーションクラブにて中小企業の人材育成にイノベーションをおこした。2014年に独立し、白潟総合研究所株式会社を設立。中小企業1万2千社に対するコンサルティング実績を有する。『上司のすごいしかけ』『売上アップのすごいしかけ』『仕事の5力』(中経出版)ほか、43冊の本を出版、累計94万部突破。
続きはコチラ



部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ詳細はコチラから



部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ


>>>部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズの購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズを勧める理由

部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズを楽しむのにいいのではないでしょうか。


始めに試し読みをしてマンガのあらすじを確かめた上で、納得して購読できるのがWebBookLive「部下のやる気アップの王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ」の良いところです。決済する前にストーリーを知ることができるので失敗を気にすることはありません。
老眼が進んだために、目の前にあるものが見にくくて困っているという読書家にとって、スマホ上で電子書籍を楽しめるというのはすごいことなのです。フォントの大きさをカスタマイズできるからです。
利益に直結しない無料漫画を敢えて閲覧できるようにすることで、ユーザーを集めて売上増に結び付けるのが販売会社側の目標ですが、当然ユーザー側からしても試し読みができるので、中身をある程度見極められます。
漫画を買ってまで読むという人の数は、年々右肩下がりになっています。今までと同じような販売戦略にこだわらず、直接的には利益にならない無料漫画などを提供することで、新規ユーザー数の増大を目指しています。
来る日も来る日も新作が登場するので、どれだけ読んでも読む漫画がなくなる心配をする必要がないというのがコミックサイトのメリットです。書店では扱っていないようなちょっと前のタイトルも閲覧可能なのです。


ページの先頭へ