BookLive「ブックライブ」の法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズ無料立ち読み


ズバリ成功の方程式は『売れる商品×商品への思い入れ×売れるしかけ』です。成功の方程式はかけ算ですのでそれなりに売れる商品であれば、商品への思い入れと売れるしかけで営業が売れるようになります。商品に熱い思いがない営業でも、本書で紹介しているしかけを活用すればうちの商品っていいかも!と思えるようになります。身だしなみと緊張で失注しない!まずは、売れるしかけの実践で見た目や緊張して会話が成り立たない商談を無くしましょう。次に、営業基礎力と応用力をつけるしかけで、あなたから買いたいと言われる営業に成長していきます。【著者プロフィール】著者:白潟敏朗1964年神奈川生まれ。埼玉大学経済学部経営学科を卒業。1990年に監査法人トーマツのコンサルティング部門に入社。経営、戦略、業務、IPOコンサルティングを経験。1998年からISOコンサルティング会社・審査会社を立上げ。2006年にトーマツ・イノベーションを設立、定額制研修イノベーションクラブにて中小企業の人材育成にイノベーションをおこした。2014年に独立し、白潟総合研究所株式会社を設立。中小企業1万2千社に対するコンサルティング実績を有する。『上司のすごいしかけ』『売上アップのすごいしかけ』『仕事の5力』(中経出版)ほか、43冊の本を出版、累計94万部突破。
続きはコチラ



法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズ無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズ詳細はコチラから



法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズ


>>>法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズの購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズを勧める理由

法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズ普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズを楽しむのにいいのではないでしょうか。


月極の利用料を入金すれば、色々な書籍をどれだけでも読むことができるという読み放題コースが電子書籍で一般化してきています。1巻ずつ購入する手間が掛からないのが人気の理由です。
1台のスマホで、スグに漫画漬けになることが可能なのが、コミックサイトの強みです。買うのは1冊単位というスタイルのサイトや毎月固定料金のサイトなどがあります。
「詳細に比較せずに決めた」というような方は、無料電子書籍はどこも変わらないという考えを持っているのかもしれないですが、サービスの詳細に関しては各社それぞれ異なりますから、きちんと比較検討することは必須だと思います。
漫画や本は、お店で触りだけ読んで購入するかしないかを決断する人が大半だと聞きます。ところが、ここ数年はBookLive「法人向け新規開拓営業の王道 経営百科事典 若手営業シリーズ」を利用して無料で試し読みして、その本を買うか判断する方が多くなってきています。
詳しいサービスは、各社それぞれです。因って、電子書籍を何所で買うのかというのは、比較しなくてはいけないと考えます。軽々しく決めてしまうのは良くないです。


ページの先頭へ