BookLive「ブックライブ」のデザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?無料立ち読み


【フォルムの歴史とルールがわかれば、デザインはこんなに面白い。】 よいデザインをしたり、よいデザインの物を選ぶことは、理屈ではなく「感覚=センス」だと一般的には思われています。また、「デザインを理解する」ことも、一般の人にとってはハードルが高いと思われがちですが、「デザイン」を理解したい、そしてビジネスなどに活かしたいと考えている一般の人は少なくないはずです。 本書は、そんなデザインを理解したいと思っている一般の人や、なんとなくデザインがいつも気になっている人を対象に、身のまわりにある「家電」や「家具」「カメラ」などの具体例を挙げながら、デザインの基本的なルールと、プロダクトデザインの歴史的な変遷を追い、表題の「四角くて、モノトーン」が製品デザインの基本ルールである理由、そしてデザインがどこに向かっていくかを解き明かしていきます。 一般に馴染みのある家電やデジカメ、椅子などの製品を掲載するだけでなく、ブラウン、ソニー、アップル製品といったエポックメイキングなデザイン製品を取り上げながら、現在そして未来のデザインの方向性を探ります。使う側の立場だけでなく、デザインをする側の立場からの「ルール」も解説することで、実践的な解説書としても読むことができる、今までにないデザイン読本です。【おもな内容】■第1章 面白い家電デザイン■第2章 フォルム 見た目の第一印象■口絵 [フォルムと解放感]■第3章 フォルムのルール■第4章 家電デザインの楽しみ方■第5章 アップルデザインはどこがすごいのか?
続きはコチラ



デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?詳細はコチラから



デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?


>>>デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するデザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はデザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してデザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?の購入価格は税込で「1382円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?を勧める理由

デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にデザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?を楽しむのにいいのではないでしょうか。


本を買う際には、BookLive「デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?」を活用してちょっとだけ試し読みするというのがセオリーです。ストーリー内容や漫画のキャラクターの絵柄などを、先に見ておくことができます。
あらかじめストーリーを知ることができるのだったら、読み終わってから失敗したと思うような事が少なくなります。店頭での立ち読みと同じように、BookLive「デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?」におきましても試し読みが可能なので、中身を知ることができます。
コミックサイトの一番の訴求ポイントは、揃っている冊数がとても多いということだと言えます。不良在庫になる心配がいらないので、多岐に及ぶ商品を取り扱うことができるというわけです。
読むかどうか判断に迷う作品がある場合には、BookLive「デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?」のサイトで誰でも無料の試し読みを活用するべきではないでしょうか?触りだけ読んでつまらないようであれば、購入しなければいいだけの話です。
この何年かでスマホを使って遊ぶことができるコンテンツも、一層多様化が顕著になっていると言えます。無料アニメ動画を始め、無料電子書籍やスマホで楽しめるゲームなど、数多くのコンテンツの中から選ぶことが可能です。


ページの先頭へ