BookLive「ブックライブ」の人事評価はもういらない 成果主義人事の限界無料立ち読み


GE、マイクロソフト、アクセンチュア、ギャップ、アドビシステム、メドトロニックなど、名だたる企業が年次評価の廃止に踏み切っている。その理由は、年次評価が個人と組織のパフォーマンス(業績)向上に役立っていないと判断されたからだ。年次評価を廃止した企業では、新たなパフォーマンスマネジメントの導入のために多大な投資が行われている。年次で社員にA・B・Cとレーティングするのに時間をかけるのではなく、リアルタイム、未来指向、個人起点、強み重視、コラボレーション促進といった原則に基づくパフォーマンスマネジメントを実現することで、より多様な人材を活かし、より変化に機敏な組織の構築を目指しているのだ。それは、さらなる成長に照準を合わせた人材・組織戦略なのである。翻って日本企業の現状を見ると、20年前に導入された成果主義人事の仕組みが制度疲労を起こしている。・年次評価が社員の動機付けや成長につながっていない。・目標設定や評価の面談が形骸化し、年中行事のような儀式になっている。・上司が率直にフィードバックできず、評価結果が上振れする傾向にある。・面談では評価の理由説明に終始し、前向きな話題がほとんどない。・評価の内容が業績中心で、人材開発の要素が乏しい。・会社の目標を個人にまで割り振ると全体の目標が達成できると信じられている(もはや幻想であるにもかかわらず)。・評価制度を精緻化しようと工夫し続けた結果、複雑になりすぎて現場で運用できない。・多様な専門性や価値観をもった人材を、画一的な尺度で評価すること自体が難しくなってきている。・社員が個人主義的になり、コラボレーション力が低下している。・成果主義人事がマネジャーの裁量の幅を狭め、ミドルアップダウンと言われたかつての日本企業の強みが失われている。人事評価はあって当たり前という固定観念を、そろそろ払しょくすべき時期である。
続きはコチラ



人事評価はもういらない 成果主義人事の限界無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


人事評価はもういらない 成果主義人事の限界詳細はコチラから



人事評価はもういらない 成果主義人事の限界


>>>人事評価はもういらない 成果主義人事の限界の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)人事評価はもういらない 成果主義人事の限界の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する人事評価はもういらない 成果主義人事の限界を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は人事評価はもういらない 成果主義人事の限界を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して人事評価はもういらない 成果主義人事の限界を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)人事評価はもういらない 成果主義人事の限界の購入価格は税込で「1620円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)人事評価はもういらない 成果主義人事の限界を勧める理由

人事評価はもういらない 成果主義人事の限界って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
人事評価はもういらない 成果主義人事の限界普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
人事評価はもういらない 成果主義人事の限界BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に人事評価はもういらない 成果主義人事の限界を楽しむのにいいのではないでしょうか。


本や漫画などの書籍を購入する時には、中をパラパラめくってチェックした上で決める人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読みと変わらない感じで中身を確認することが可能です。
老眼の為に、近くの物が見えなくなってきたという高齢の読書好きな方には、スマホ上で電子書籍を読むことができるというのは、物凄く意味のあることなのです。フォントの大きさをカスタマイズできるからです。
読んでみた後で「自分が思っていたよりも全く面白くない内容だった」というケースであっても、一度読んだ漫画は返せないのです。だけども電子書籍なら試し読みが可能ですから、こうした状況をなくせます。
コミックサイトも数多くあるので、比較して使いやすそうなものを選定することが大事です。そんなわけですから、取り敢えずは各サイトの特色を押さえることから始めましょう。
「並んでいるタイトル全てが読み放題だったら、こんなに凄いことはない」という漫画マニアの発想に応える形で、「固定料金を支払えば都度の支払いは不要」という形の電子書籍が考案されたわけです。


ページの先頭へ