BookLive「ブックライブ」の1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)無料立ち読み


今日、日韓問題を語る上で常に議題となる「日韓併合」。本書を読むと、そこに到らざるを得なかった当時の朝鮮半島情勢が手に取るように分かる。米国心理学会の第2代会長であるイェール大学教授(哲学・心理学)のジョージ・トランブル・ラッド博士(1842-1921)が、伊藤博文初代統監と共に1907年、日韓併合前の朝鮮を訪問し、当時の実情をありありと記録した貴重な一次資料である(日本で初翻訳、対訳本)。1900年代初め、帝国主義の時代。宗主国であった清の弱体化に伴い、ロシアが虎視眈々と朝鮮半島への侵出を狙っていた。日本の穏健派の指導者、伊藤博文初代統監は、何とか腐敗した朝鮮を立て直し、人民の生活を向上発展させようと、一心に思案努力していたが、伊藤統監の招きで、1907年、朝鮮半島を訪れたのが、ジョージ・T・ラッド博士であった。ラッド博士は、1907年3月から5月まで朝鮮半島を旅し、人々に講演をして教育に関する啓蒙活動を行なうかたわら、第二次日韓協約が締結されるまでの朝鮮の皇帝や臣下たちとの伊藤博文の粘り強い交渉の様子など近くで見る機会を得た。そして、伊藤統監の朝鮮へかける思いに心打たれ、その様子をつぶさに記録し、アメリカに帰国後ニューヨーク・タイムズなどに記事を投稿。1908年、米ニューヨークで、本書の原書である『IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)』を出版した。ラット博士は、アメリカや日本で心理学の発展に貢献した学者であるが、1907年、日本への貢献から外国人初の旭日中綬章(勲三等)を受賞している。本書の題名である1907年の2年後の1909年、伊藤博文が暗殺され、日韓併合へと時代は急展開していく。本書は、日韓併合の直前の朝鮮を、ドキュメンタリー映画のように、生々しく伝えている。
続きはコチラ



1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)詳細はコチラから



1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)


>>>1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)の購入価格は税込で「2451円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)を勧める理由

1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)を楽しむのにいいのではないでしょうか。


移動中の空き時間も漫画を読みたいと望む人にとって、BookLive「1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)」よりありがたいものはないと言えます。スマホというツールを所持するだけで、手間をかけずに漫画が読めます。
「どこのサイト経由で本を買うか?」というのは、意外と大事な事です。料金やシステム内容なども色々違うので、電子書籍に関しましては詳細に比較して決めないといけないでしょう。
コミックサイトは色々な企業が運営しています。それらのサイトを絶対に比較して、自分の考えに合っているものをセレクトするようにしましょう。そうすれば失敗するということがなくなります。
皆に平等に与えられた時間を効率よく過ごしたいのであれば、空き時間を上手に活用するよう意識しなければなりません。アニメ動画をエンジョイするのは電車移動中でもできますから、そういった時間を有効利用するというふうに決めてください。
手にしたい漫画はいろいろと発売されているけど、手に入れたとしても狭くて収納できないという話をよく聞きます。だから保管スペースを考えなくて良いBookLive「1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)」の口コミ人気が高まってきたのです。


ページの先頭へ