BookLive「ブックライブ」の朝鮮総督府官吏 最後の証言無料立ち読み


「朝鮮(北朝鮮及び韓国)等の言う従軍慰安婦なるものに、日本の軍や官吏が強制連行など関係したことは絶対ありません」本書のロングインタビューで日韓併合当時を熱く語ってくれた証言者の西川清氏(2016年現在、101歳)が、安倍首相への手紙で伝えた言葉である。西川氏は、約80年前の日韓併合時の朝鮮において、朝鮮人の知事が統括する地方行政で内務課長を勤めていた。西川氏は、朝鮮を第二の故郷と呼んでおり、だからこそ西川氏は、数々の虚偽で日本の尊厳が汚される現状に義憤を覚え、安倍総理へ手紙を書いたのであった。より日韓併合の実態を行政側から解説できる朝鮮総督府官吏としての証言はおそらく西川氏が最後であろう。 他に朝鮮で生活した方がいたとしても終戦時は幼少であったり、当時を知る家族から伝え聞いた話が殆どになる筈である。それは一つの貴重な体験ではあるが、「朝鮮総督府の施政がどういうものであったか」という視点で語ることは難しい。だからこそ、この元官吏である西川氏の証言及びその写真、資料は日韓併合時の実態を知る上で貴重な記録である。ここに証言されている内容は、戦後教育を受けた人にとっては、驚きであるに違いない。取材に於いて西川氏は、朝鮮のごく平穏な生活と日常に触れ、そこで語られるのは幸せな朝鮮人と日本人の姿であった。また、貴重な写真からも朝鮮人と日本人とが普通に仲が良かったことが分かる。朝鮮人が日本人の上司になることも普通であり、職場の仲間と日朝合同の野球チームを作り他のチームと戦ったり、時に桜の下で酒を酌み交わした楽しい想い出も多く、朝鮮人と日本人は共に朝鮮の発展を願い職務に精励していたという。まるで現代社会と変わらないような錯覚を覚えるが、正にこれが歴史の真実である。
続きはコチラ



朝鮮総督府官吏 最後の証言無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


朝鮮総督府官吏 最後の証言詳細はコチラから



朝鮮総督府官吏 最後の証言


>>>朝鮮総督府官吏 最後の証言の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)朝鮮総督府官吏 最後の証言の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する朝鮮総督府官吏 最後の証言を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は朝鮮総督府官吏 最後の証言を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して朝鮮総督府官吏 最後の証言を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)朝鮮総督府官吏 最後の証言の購入価格は税込で「1512円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)朝鮮総督府官吏 最後の証言を勧める理由

朝鮮総督府官吏 最後の証言って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
朝鮮総督府官吏 最後の証言普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
朝鮮総督府官吏 最後の証言BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に朝鮮総督府官吏 最後の証言を楽しむのにいいのではないでしょうか。


アニメ動画というものは若者のみに向けたものだと考えるのは早計です。大人が見たとしても楽しむことができる構成で、深いメッセージ性を持ったアニメも多々あります。
漫画というのは、読み終わったのちにBookOffみたいな買取専門店に持参しても、わずかなお金にしかなりません、読み返そうと思った時に最購入する羽目に陥ります。無料コミックなら、保管スペースが不要なので片付けに困るというようなことが皆無です。
よくコミックを読む人なら、コミックサイトがおすすめです。購入するのも簡便ですし、リリース予定の漫画を買い求めるために、あえて本屋に行って予約を入れるなんてことも不要になります。
漫画の虫だという人からすれば、コレクショングッズとしての単行本は値打ちがあると理解できますが、「とにかく読めればいい」という人の場合は、スマホで読めるBookLive「朝鮮総督府官吏 最後の証言」の方が便利です。
通勤途中などの少しの隙間時間に、さらっと無料漫画を読んで自分に合う本を見つけ出しておけば、日曜日などのたっぷり時間がある時にDLして残りを読むことが可能です。


ページの先頭へ