BookLive「ブックライブ」のプロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則無料立ち読み


【デザインの知識と技術の「いま」がこの一冊に!】本書は、レイアウト、色、文字、画像といったグラフィックデザイン全般をテーマにした解説書です。グラフィックデザイナーを目指す人、実際にデザインの現場で働きはじめて日が浅い人、グラフィックデザイナーと一緒に仕事をしなければならない人、また長年デザインの現場で働き、後輩や部下にデザインに関する考え方や知識を教える立場にある人などに向けて、知っておかなければならない基本的な知識や普遍的なデザインのセオリーなどを網羅しつつ、デザインの最近の傾向や考え方なども採り上げてまとめました。Webをはじめとするデジタルメディアのデザインと、従来からの紙媒体のデザインは、大きく異なる点がある一方で、デザインの考え方や見せ方などの点で共通となることがあるのも事実です。このためWebデザイナーを目指す人などにも、デザインの基本的な知識を得るのにきっと役立ちます。「デザインとは何なのか、何をしなければならないのか」などの基本から、レイアウトの見せ方や考え方、配色の基礎知識とテーマ別の事例、文字と組版、デジタル画像や撮影の基礎やレタッチの事例まで、実際に制作する上で必要な内容を解説しています。〈主な内容〉CHAPTER 1 グラフィックデザインの基本CHAPTER 2 デザインの構成要素とレイアウトCHAPTER 3 配色とその効果CHAPTER 4 文字組み、エディトリアルデザインCHAPTER 5 画像、レタッチ
続きはコチラ



プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則詳細はコチラから



プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則


>>>プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するプロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はプロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してプロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則の購入価格は税込で「2376円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則を勧める理由

プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にプロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則を楽しむのにいいのではないでしょうか。


コミックの購買者数は、だいぶ前から少なくなっているというのが実際のところです。既存の販売戦略に固執せず、あえて無料漫画などを市場投入することで、利用者の増加を企図しています。
連載系の漫画は何冊もまとめて買う必要があるため、ひとまず無料漫画で試し読みするという人が目立ちます。やっぱりその場ですぐに書籍を購入するのは敷居が高いということなのでしょう。
本を購読するより先に、BookLive「プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則」で少し試し読みしてみるというのが今では一般的です。物語のあらすじや主要登場人物の見た目などを、購入するより先に知ることができます。
BookLive「プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則」を楽しむなら、やっぱりスマホじゃないでしょうか?大きなパソコンは持ち運ぶことが不可能ですし、タブレットも電車の中などで閲覧したというような場合には不向きだと考えることができます。
BookLive「プロとして恥ずかしくない 新・デザインの大原則」で漫画を購入すれば、家のどこかに本の収納場所を作ることが必要なくなります。最新の本が出ていないかと書店に足を運ぶ時間も節約できます。こうしたポイントから、使用する人が急増しているのです。


ページの先頭へ