BookLive「ブックライブ」のBlender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG無料立ち読み


【最新の鉄板ワークフローでBlenderを攻略する!】プロからアマチュアまで幅広いユーザーに愛されている統合3DCG制作ソフトBlenderでキャラクター制作に挑戦!! アニメーション映画『楽園追放』『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』などでキャラクターデザインを手がける齋藤将嗣が描く美少女を、Blenderパワーユーザーの友が完全立体化! デザイナーが原画に込めた意図をくみ取り、キャラクターの魅力を最大限引き出した高度な立体化ノウハウが一冊に凝縮されています。Blenderファイルの提供+制作過程の動画公開という2大特典付きです。〈本書の構成〉CHAPTER 1 制作計画 キャラクターデザインを元に3D化手順の計画を立てるCHAPTER 2 頭のモデリング 原画を参考に共通部分の頭部を立体化するCHAPTER 3 体のモデリング ドレスモード、バトルモードそれぞれの体を立体化するCHAPTER 4 セットアップ ボーンを作成し歩行モーションを付けるCHAPTER 5 ライティングとマテリアル 質感や光源を設定してさまざまな物質を表現するCHAPTER 6 マテリアルとテクスチャ 色、質感を設定し3Dモデルを完成させるCHAPTER 7 アニメーション&レンダリング他 2Dアニメのように3Dモデルを動かす
続きはコチラ



Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG詳細はコチラから



Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG


>>>Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCGの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCGの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するBlender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCGを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はBlender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCGを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してBlender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCGを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCGの購入価格は税込で「3456円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCGを勧める理由

Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCGって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCGBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にBlender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCGを楽しむのにいいのではないでしょうか。


「連載ものになっている漫画を読みたいんだ」と言われる方には無用なものです。だけど単行本になってから閲覧するとおっしゃる方にとっては、先に無料漫画にて内容を確かめられるのは、本当に有益なことだと思います。
老眼に見舞われて、目から近いところが見づらくなってしまったという高齢の読書好きな方には、スマホで電子書籍を楽しめるというのは画期的なのです。文字の大きさをカスタマイズできるからです。
シンプルライフという考え方が少しずつに分かってもらえるようになったと言える今現在、本も実物として所持せずに、BookLive「Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG」を役立てて愛読する人が増加しています。
サイドバックなどを持ちたくない男性陣にとりましては、スマホで無料電子書籍を楽しむことができるというのはありがたいことなのです。ある意味ポケットの中に入れて書籍を持ち歩けるというわけなのです。
評判の無料コミックは、パソコンがあれば読めるのです。出先、小休憩のとき、医療施設などでの待ち時間など、空き時間に気負わずに読むことができるのです。


ページの先頭へ