BookLive「ブックライブ」のPOWERWatch No.93無料立ち読み


2017年3月30日発売に発売されたパワーウオッチ5月号(No.93)の電子版です。見どころシンプルな3針時計をクローズアップした大特集「一生付き合える大人の3針時計」。“一生付き合える時計とは何か”をテーマに、受け継ぐ、使う、愛でるという三つのキーワードから様々な3針時計を紹介しています。美しいディテールが際立つ高級ドレスウッチから、普段使いにもぴったりなミドルレンジプライスのこだわりの3針など、幅広く掲載しているので、一生付き合える3針時計が見つかるはず。また、「定番スポーツクロノの楽しい見方、選び方」。失敗したくないから人気定番、ハイスペックで安心だから最新モデルと、安心安全な堅実な時計ばかりに注目が集まっていますが、時計趣味の魅力や楽しみはそれだけではないはず。そこで読者人気の高いスポーツクロノグラフ、なかでもひと際人気の高いロレックスのデイトナ、オメガのスピードマスター、タグ・ホイヤーのカレラ、そしてブライトリングのクロノマットの4モデルをテーマに編集部が独自の視点から導き出した時計選びがもっと楽しめる狙い目モデルを紹介。今年も世界最大の時計宝飾見本市、バーゼルワールド2017開催時期がやってきましたが、待ちきれないという読者のために各社から発表された新作をいち早くクローズアップ「プレバーゼル新作速報」、また時計好きなら誰もが気になるロレックスの2017年新作をどこよりも早く掲載したPOWER WATCH INFORMATIONも必見。また、近年魅力的な腕時計を連発しているブルガリに注目した「ブルガリの魅力を再考」「ブルガリウオッチの円熟」、1980~90年代の腕時計をフィーチャーした「ポストヴィンテージのススメ」などの小特集も充実。今号もビギナーからマニアまで満足すること受け合いの濃密な内容。見逃し厳禁です!
続きはコチラ



POWERWatch No.93無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


POWERWatch No.93詳細はコチラから



POWERWatch No.93


>>>POWERWatch No.93の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)POWERWatch No.93の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するPOWERWatch No.93を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はPOWERWatch No.93を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してPOWERWatch No.93を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)POWERWatch No.93の購入価格は税込で「680円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)POWERWatch No.93を勧める理由

POWERWatch No.93って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
POWERWatch No.93普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
POWERWatch No.93BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にPOWERWatch No.93を楽しむのにいいのではないでしょうか。


老眼の為に、近くにあるものがぼやけるようになったという読書が好きな高齢者には、スマホで電子書籍を楽しめるようになったというのは意義深いことなのです。フォントサイズをカスタマイズできるからです。
ずっと目に見える本というものを購入していたという人も、電子書籍を利用した途端に、便利なので戻れないということが多いと聞きます。コミックサイトも相当数見受けられますので、絶対に比較してからチョイスすることが不可欠です。
ここ最近はスマホを用いてエンジョイできるアプリも、一層多様化が図られています。無料アニメ動画のみならず、無料電子書籍や手軽にプレイできるスマホゲームなど、複数のコンテンツの中からセレクトできます。
小さい時に大好きだった懐かしさを感じる漫画も、BookLive「POWERWatch No.93」として購入することができます。小さな本屋では陳列されていないタイトルも山ほどあるのが利点だと言うわけです。
多くの人から支持されているアニメ動画は、若者だけを対象にしたものだと考えるのは誤りです。アニメは苦手という人が見ても面白いと感じる内容で、尊いメッセージ性を持った作品も増加しています。


ページの先頭へ