BookLive「ブックライブ」のPOWERWatch No.94無料立ち読み


2017年5月30日発売に発売されたパワーウオッチ7月号(No.94)の電子版です。 今号の見どころは何と言っても、バーゼルワールドで発表された2017年の新作をクローズアップした大特集「バーゼルワールド 2017 新作速報」。バーゼルワールドはもちろんのこと、独自に新作発表を行ったブランドや日本未上陸のブランドの新作まで含め、全90ページ、本誌過去最大級の158ブランド、約490本の新作情報を掲載。全3部構成で紹介しています。パート1では「注目ブランドの新作」と題して、ロレックスやオメガなどメジャーブランドを筆頭に、2017年のトピックス解説を交えながら、注目の新作を一挙に紹介。パート2では「進化を遂げるドイツブランドの新作」と題して、スイスブランドとはひと味違う新作が多く見られたドイツブランドをフィーチャー。そしてパート3では「日本未上陸ブランドの新作 大放出!!」と題し、現在、日本に正規代理店のない個性派時計ブランドの新作をまとめて紹介しています。他誌とはひと味違う切り口での新作大特集は読み応え満点です! また、かつてアンティークのバイヤーだった益井俊雄氏の貴重なアンティークウオッチを収蔵した本格的なミュージアムがついにオープンし、その最新情報をお届けしているほか、今年から独立したブランドとして新たな戦略を打ち出した注目のグランドセイコーの新作を不独自の切り口で紹介するなど、今号も本誌ならではの見逃し厳禁な記事が充実。 ほかにも、エクスプローラーIIを取り上げた「アンティーク審美眼」や1980~90年代の腕時計をフィーチャーした「ポストヴィンテージのススメ」などの小特集も充実。 今号もビギナーからマニアまで満足すること受け合いの濃密な内容。見逃し厳禁です!
続きはコチラ



POWERWatch No.94無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


POWERWatch No.94詳細はコチラから



POWERWatch No.94


>>>POWERWatch No.94の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)POWERWatch No.94の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するPOWERWatch No.94を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はPOWERWatch No.94を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してPOWERWatch No.94を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)POWERWatch No.94の購入価格は税込で「680円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)POWERWatch No.94を勧める理由

POWERWatch No.94って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
POWERWatch No.94普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
POWERWatch No.94BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にPOWERWatch No.94を楽しむのにいいのではないでしょうか。


移動中などのわずかな時間に、無料漫画をさらっと見て自分好みの本を探し出しておけば、お休みの日などの時間が取れるときに入手して残りを楽しむってこともできます。
あらかじめ内容を確かめることが可能だというなら、読んでから悔やむということがほとんどありません。お店で立ち読みをする感じで、BookLive「POWERWatch No.94」においても試し読みをすることで、どんな内容なのか確かめられます。
漫画を買ってまで読むという人の数は、時間経過と共に低減しているのです。既存の販売戦略に捉われず、0円で読める無料漫画などを市場投入することで、新たな顧客の獲得を目論んでいます。
電車を利用している間も漫画に集中したいと考えている人にとって、BookLive「POWERWatch No.94」ほど便利なものはないと言えます。スマホというモバイルツールを持ち歩くだけで、いつだって漫画の世界に入れます。
コミックと言うと、「少年少女をターゲットに作られたもの」というイメージを抱いでいるかもしれません。しかし昨今のBookLive「POWERWatch No.94」には、中年層の方が「思い出深い」と言うような作品も複数あります。


ページの先頭へ