BookLive「ブックライブ」の国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実無料立ち読み


国鉄勤務35年、うち25年を輸送計画に深く関わった著者によるダイヤ作成秘話。本書では、昭和45年の万博輸送、昭和50年3月の山陽新幹線博多開業、昭和60年3月の東北・上越新幹線上野開業等で手掛けたダイヤ改正や新線開業、臨時列車設定などの際のお宝エピソードを大公開。路線上に空いている時間帯を探し、車両や人員を確保し、日本全国に効率よく列車を走らせる。コンピューター化以前、手作業時代の悪戦苦闘の話の中には、当時の世相も垣間見える。また、チマタの疑問「ダイヤはどうやって作るのか?」の答えもここにある。猪口 信(いのぐちまこと)昭和7年生まれ。昭和25年国鉄に入社し、昭和35年東京鉄道管理局・東京南鉄道管理局列車課で指令業務・ダイヤ改正を担当。昭和44年9月国鉄本社運転局運転課に転勤し、全国の特急・急行の列車計画、新幹線の開業業務、西日本線区の基本計画等を手掛ける。その後、新幹線総局列車課輔佐、首都圏本部列車課輔佐を経て、昭和60年3月首都圏本部列車課長に。東北・上越新幹線開業に参画し、昭和61年3月国鉄を退職。弘済出版社勤務ののち、第三セクター鉄道等協議会事務局次長を務め、退職後も列車輸送の変遷を追求整理している。著書に『国鉄特急変遷史』『JR特急10年の歩み』(いずれも弘済出版社)など。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラ



国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実詳細はコチラから



国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実


>>>国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実を勧める理由

国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実を楽しむのにいいのではないでしょうか。


ほとんどのお店では、商品棚に並べる漫画の立ち読み防止策として、ビニールカバーをつけるケースが増えています。BookLive「国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実」ならば試し読みができることになっているので、中身をちゃんと理解した上で購入ができます。
利用者の人数が増加し続けているのが無料のBookLive「国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実」です。スマホだけで漫画を味わうことができますから、敢えて本を携帯する必要もなく、出かける時の荷物を軽くできます。
しっかりと比較した後にコミックサイトを決めているという人が多くなっています。ネットを介して漫画を堪能したいと言うなら、諸々あるサイトの中から自分の希望を叶えてくれるものを選択することが重要なのです。
実写化で話題の漫画も、無料コミックなら試し読みが可能です。あなたのスマホ上で読めるわけですから、家族に知られたくないとか見られるとマズイ漫画もこっそりと読めます。
BookLive「国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実」で漫画を購入すれば、部屋の隅っこに本棚のスペースを確保するのは不要になります。欲しい本が発売されてもショップに行く手間もかかりません。このような利点のために、利用者数が増えているというわけです。


ページの先頭へ