1. BookLive!(ブックライブ)まずは無料試し読みをしよう
  2. ブックライブ電子書籍ストア4|「ブックライブ」無料試し読み
  3. ブックライブ作品8|「ブックライブ」無料試し読み
  4. ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史|「ブックライブ」無料試し読み

BookLive「ブックライブ」のジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史無料立ち読み


総飛行時間2万1000時間、B747乗務時間1万4051時間という驚異的な記録を残した著者が、42年間一度も乗客乗員の怪我や機材の損傷も起こさなかったパイロット人生を振り返り、さまざまな航空機事故や自身の体験を検証しつつ、航空業界の歴史や昨今の事情を紐解く。ただの回顧録や提言にとどまらず、職務を全うするとういうことは何か、真のプロフェッショナルについて考えさせられる書でもある。杉江 弘(すぎえひろし)1969年慶應義塾大学法学部政治学科卒業、日本航空入社、DC8、B747、エンブラエルE170に乗務。B747乗務時間で世界一の記録を持つ。総飛行時間は2万1000時間に及ぶ。同社安全推進部に所属中は「スタビライズド・アプロ-チ」など、航空界の安全施策を立案推進する。主な著書に「機長の告白」「機長の失敗学」(ともに講談社)、「機長が語るヒューマン・エラーの真実」(ソフトバンク新書)、「プロフェッショナル・パイロット」(イカロス出版)、近著には「日本人はなぜ足元を見られるのか?」(2012年8月刊、アスキー新書)がある。日本エッセイスト・クラブ会員。 ※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラ



ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史詳細はコチラから



ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史


>>>ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史を勧める理由

ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史を楽しむのにいいのではないでしょうか。


日頃より山のように本を読むという人にとっては、月額料金を払えば何冊であっても読み放題で楽しむことができるというユーザー目線のサービスは、まさに先進的と言えるのではないでしょうか?
コミック本は、読み終わったのちに古本屋に出しても、金額は殆ど期待できませんし、読み返したくなったときに再購入が必要となってしまいます。無料コミックだったら、収納スペースが必要ないので片付けに困るというようなことが皆無です。
マンガの売れ上げは、時間経過と共に減少傾向を見せている状況です。他社と同じような販売戦略にこだわらず、あえて無料漫画などをサービスすることで、新規利用者数の増大を目指しているのです。
お金にならない無料漫画を敢えてサービスすることで、ユーザーを集めて売上増に結び付けるのが電子書籍会社の目論みですが、反対に利用者にとっても試し読みができるので、中身をある程度見極められます。
漫画が好きだという人からすると、手元に置いておける単行本は価値があると思いますが、手軽に楽しみたいという人の場合は、スマホで見ることができるBookLive「ジャンボと飛んだ空の半世紀 “世界一”の機長が語るもうひとつの航空史」の方をおすすめしたいと思います。


ページの先頭へ