1. BookLive!(ブックライブ)まずは無料試し読みをしよう
  2. ブックライブ電子書籍ストア4|「ブックライブ」無料試し読み
  3. ブックライブ作品8|「ブックライブ」無料試し読み
  4. 鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”|「ブックライブ」無料試し読み

BookLive「ブックライブ」の鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”無料立ち読み


「鉄道公安官」とは、昭和22年から国鉄分割・民営化まで活躍した、「鉄道公安職員」の通称。現在、その役割は都道府県警による鉄道警察隊に引き継がれているが、当時はれっきとした国鉄職員であった。本書では、国鉄マンとしての誇りを持ちながら、駅や列車内でのスリ、窃盗、暴力事件などと戦い続けたその全貌を、新たな資料とインタビューにより明らかにする。鉄道という閉じた「舞台」ならではの犯罪も興味深い。 濱田研吾(はまだけんご)1974年大阪府交野市生まれ。ライター・編集者。社史や企業PR誌の執筆・編集のかたわら、昭和時代の芸能史、映画史、放送史、広告文化史、鉄道史を研究。著作や雑誌などに発表している。著書に『徳川夢声と出会った』(晶文社)、『脇役本・ふるほんに読むバイプレーヤーたち』(右文書院)、『三國一朗の世界・あるマルチタレントの昭和史』(清流出版)。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラ



鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”詳細はコチラから



鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”


>>>鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”を勧める理由

鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”を楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”」の販売促進の戦略として、試し読みができるというサービスは素晴らしいアイデアだと言えます。時間を気にすることなく本の中身を把握できるので、わずかな時間を使用して漫画選定ができます。
電車を利用している間も漫画を満喫したいと望む人にとって、BookLive「鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”」ほど有用なものはないでしょう。スマホを一つ所持するだけで、簡単に漫画を購読できます。
「小さな画面では迫力が半減するのでは?」という疑問を持つ人がいるのも分かっていますが、リアルにBookLive「鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”」を手にしスマホで閲覧するということをすれば、その快適さに驚くでしょう。
コミックサイトの一番の利点は、扱っている本の数が本屋とは比較できないくらい多いということです。売れない本を抱えるリスクがないので、多数のタイトルを置くことができるわけです。
あらゆるサービスを凌駕して、こんなにも無料電子書籍という形が大衆化してきている理由としては、町の書店が減る一方であるということが言われています。


ページの先頭へ