BookLive「ブックライブ」の高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今無料立ち読み


名神ハイウェイバスがスタートしてから半世紀、高速バスは年間1億人輸送機関に成長し、鉄道・航空機と並ぶ国民の足となった。しかし、鉄道や航空機と比べると関連書物は乏しく、また昨今の高速バスの事故でその安全性を不安視する人もいる。本書は、開発段階から高速バスとともに歩み、設計・輸送・旅行・そして経営とあらゆる部門でかかわってきた西日本ジェイアールバス元社長である著者が、高速バスの車両・ネットワークの発展の歴史を紐解きつつ、高速バスの主な構造から、利用者が高速バスを選択する理由、気になる安全対策まで豊富なデータを基に紹介。高速バスの幅広い情報が網羅された一冊。和佐田 貞一(わさだ ていいち)元西日本ジェイアールバス社長。昭和39年富士重工業群馬製作所入社。昭和46年群馬大学大学院(機械)修了・国鉄入社。昭和56年に運転局列車課補佐、昭和62年にJR西日本鉄道事業本部運輸部輸送課長、平成2年に旅行業本部京都営業支店長、平成11年にJR西日本コミュニケーションズ常務などを歴任した後、平成19年に西日本ジェイアールバス社長に就任(平成24年退任)。西日本ジェイアールバス社長時代には、ツアーバスとの競合対策、JR大阪駅の高速バスターミナルの開業などを手掛けた。
続きはコチラ



高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今詳細はコチラから



高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今


>>>高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今を勧める理由

高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今を楽しむのにいいのではないでしょうか。


長期間連載している漫画は連載終了分まで購入しないといけないため、あらかじめ無料漫画で軽く読んで確かめるという人が多いです。やはり情報が少ない状態で購入を決断するのはかなり難儀だということです。
電子無料書籍を有効活用すれば、いちいち販売店まで訪ねて行って目を通す面倒は一切なくなります。そうしたことをしなくても、電子書籍サイトの「試し読み」で内容の確認が可能だからです。
使わないものは処分するという考え方がたくさんの人に浸透してきた今日、本も紙という媒体で所有することなく、BookLive「高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今」を用いて閲読する方が増えているようです。
コミックサイトの一番のウリは、扱うタイトル数が書店よりもずっと多いということでしょう。在庫を抱えるリスクがないので、数多くのタイトルを扱えるわけです。
スマホ所有者なら、BookLive「高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今」をすぐに読めます。ベッドでくつろぎながら、眠りに就くまでのリラックスタイムに楽しむという人が多いのだそうです。


ページの先頭へ