1. BookLive!(ブックライブ)まずは無料試し読みをしよう
  2. ブックライブ電子書籍ストア4|「ブックライブ」無料試し読み
  3. ブックライブ作品8|「ブックライブ」無料試し読み
  4. 「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話|「ブックライブ」無料試し読み

BookLive「ブックライブ」の「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話無料立ち読み


JRの「みどりの窓口」に置かれている時刻表としてお馴染みの『JR時刻表』。およそ450万の文字が詰まったこの時刻表は、どのようにして編集されているのか。『全国観光時間表』創刊から半世紀、手作業の積み重ねである活版印刷の時代が長く続き、技術開発が発達するにつれて、その制作工程は変わっていった。通巻600号を迎え、国鉄~JRの変遷とともに歩んできたその歴史を振り返りつつ、編集部員ならではの仕事の裏側や秘話などを綴る。これを読めば、数字に埋め尽くされた時刻表も、楽しさが増すこと間違いなし!?時刻表編集部OB「正確な時刻表を作り上げる」。その精神は、工程がコンピュータ化された現在も脈々と受け継がれ、平成25年3月には、交通新聞社の前身である弘済出版社時代から数えて600号の『JR時刻表4月号』発刊に至った。時刻表編集のOBが、半世紀にわたりその礎を築いてきたプロ集団の血と汗の足跡を伝える。
続きはコチラ



「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話詳細はコチラから



「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話


>>>「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話を勧める理由

「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話を楽しむのにいいのではないでしょうか。


老眼に見舞われて、近いものが見えにくくなってしまったという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホで電子書籍を楽しむことができるというのは意義深いことなのです。文字サイズを変更できるからです。
漫画本というのは、読んでしまってからブックオフのような買取店に売り払っても、殆どお金になりませんし、読み返したくなったときに読めなくなります。スマホがあれば読める無料コミックなら、保管場所がいらないので片付けに困りません。
スマホで見る電子書籍は、嬉しいことにフォントサイズを変更することができますから、老眼に悩む60代以降の方でも問題なく読めるという特徴があるのです。
店頭には置いていないような昔のタイトルについても、電子書籍では扱われています。無料コミックのラインナップ中には、アラフィフ世代が若い頃にエンジョイした漫画もあったりします。
「自室にストックしておきたくない」、「読んでいることでさえトップシークレットにしておきたい」ような漫画であったとしても、BookLive「「時刻表」はこうしてつくられる 活版からデジタルへ、時刻表制作秘話」ならば他の人に知られずに楽しむことができます。


ページの先頭へ