BookLive「ブックライブ」の鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる無料立ち読み


日本人にとって「電車」は、定刻どおりかつ安全な乗り物であるのが当然至極。しかし、日本の鉄道を支えているものはじつに膨大であり、どれ一つ欠けても、連携が崩れてダイヤはたちまち乱れる。本書では、一般の人が日ごろ意識せず、またあまり情報公開されることのない鉄道関連の4つのジャンル――「分岐器」「地下鉄トンネル」「窓ガラス」「パンタグラフ」にスポットを当て、その製造開発秘話や現場の苦闘を紹介。鉄道を日々「つくる」技術者たちの英知を知ることで、日本の新たな側面をかいま見る。川辺謙一(かわべけんいち)鉄道技術ライター。1970年三重県生まれ。東北大学工学部卒、東北大学大学院工学研究科修了。化学メーカーに入社、半導体材料などの開発に従事。2004年に独立し、雑誌・書籍に数多く寄稿。鉄道関連のさまざまな職場や当事者を取材・紹介したり、高度化した技術を一般向けに翻訳・解説している。近著に『鉄道のひみつ』(学研パブリッシング)、『図解・地下鉄の科学』(講談社)、『電車のしくみ』(ちくま新書)、『くらべる鉄道』(東京書籍)、『鐵路大比較』(台湾東販・中国語版)、『図解・新幹線運行のメカニズム』(講談社)がある。本書では図版も担当。
続きはコチラ



鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる詳細はコチラから



鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる


>>>鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるの購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるを勧める理由

鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるを楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる」はスマホやパソコン、タブレットタイプの端末で閲覧することができるようになっています。冒頭だけ試し読みした後で、本当にそれを買うかどうかを決断するという人が増えているらしいです。
「あらすじを確認してからDLしたい」という利用者にとって、無料漫画というのは利点の大きいサービスだと考えられます。販売者側からしても、ユーザー数の増加を望むことができます。
コミックサイトの一番のセールスポイントは、取り揃えている漫画の数が本屋とは比較できないくらい多いということだと思います。売れずに返本扱いになる心配が不要なので、多岐に及ぶ商品を取り扱うことができるわけです。
本屋では、棚の面積の関係で取り扱える漫画の数が制限されてしまいますが、BookLive「鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる」についてはそういった問題が起こらないため、一般層向けではない漫画も数多く用意されているのです。
「定期的に発刊されている連載漫画が読みたい」という人にはいらないでしょう。しかしながら単行本になるのを待ってから購読するという利用者にとっては、購入に先立って無料漫画で概略を確かめられるというのは、画期的なことだと言えます。


ページの先頭へ