BookLive「ブックライブ」のよみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産無料立ち読み


鉄道文化財は、すべてが最初から歴史的価値を見出されていたものばかりではない。なかには歴史的価値を否定され、廃棄物として処分されかけた車両や施設などもある。しかし、そのような状況から市民の手で救い出され、磨き上げられたとき、それは一転して鉄道文化財としての輝きを放つようになった。ゴミとして山のように積まれていた国鉄コンテナが、1個3000円で買い取られ、のちに「鉄道博物館」に展示された話など、小さなアクションが大きな鉄道文化財を残すことにつながった、日本および海外の事例とその舞台裏を、人間ドラマを交えながら紹介する。笹田昌宏(ささだまさひろ)1971年生まれ。医師、作家。第10回旅のノンフィクション大賞受賞。著書に『全国トロッコ列車』〔岸由一郎共著〕、『英国保存鉄道』『「ボロ貨車」博物館 出発進行!』『あの電車を救え! 親友・岸由一郎とともに』(JTBパブリッシング)、『ダルマ駅へ行こう!』(小学館)、『学ぼう 遊ぼう おやこ鉄っ!』『フツ―じゃない! 普通列車こだわり旅』『廃駅。』『国鉄&JR保存車大全』(イカロス出版)、『「パパ鉄」バイブル~大満足の全国鉄道スポット55』(講談社)がある。鉄道文化財を市民の立場から守るボランティア団体・ふるさと鉄道保存協会の副理事長を務め、各地に講演や支援に出向いている。
続きはコチラ



よみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


よみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産詳細はコチラから



よみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産


>>>よみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)よみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するよみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はよみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してよみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)よみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)よみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産を勧める理由

よみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
よみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
よみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特によみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産を楽しむのにいいのではないでしょうか。


書籍の販売低迷がよく言われる中、電子書籍は新たな販売方法を採り入れることにより、新たな顧客を増加させつつあります。過去に例のない読み放題という利用方法が多くの人に受け入れられたのです。
漫画を買う人の数は、年々減少傾向を見せている状態なのです。今までと同じようなマーケティングは見直して、直接的には利益にならない無料漫画などを採り入れることで、利用者数の増加を企てています。
本屋では扱っていないといった大昔の本も、電子書籍なら見つかります。無料コミックのラインナップには、40代以上の世代が若かりし頃に読みつくした本が含まれています。
「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題であったら、どれほどにいいだろう」という漫画マニアの発想をベースに、「毎月固定の金額を払えば毎回の支払いは不要」というスタイルの電子書籍が登場したのです。
「自分の部屋に置きたくない」、「持っていることだって内緒にしたい」と思わざるを得ない漫画でも、BookLive「よみがえる鉄道文化財 小さなアクションが守る大きな遺産」ならば他所の人にバレることなく見ることができます。


ページの先頭へ