BookLive「ブックライブ」の東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たち無料立ち読み


われわれが日々利用する電車、そして世界に類を見ない高密度輸送を行なう東京圏の鉄道は、誰がどのように管理し、支えているのか。国内最大規模の指令室であるJR東日本の東京総合指令室を取材し、紹介する。この指令室では、1日約1400万人を運ぶ東京圏の在来線輸送を管理しており、所属する500人余りの社員が、乱れたダイヤを回復させ、トラブルで停まった列車をなんとか動かそうと奮闘している。本書では、これまでほとんど紹介されることがなかった指令室の過去・現在・未来に迫り、東京や日本の鉄道の側面をかいま見る。川辺 謙一(かわべけんいち)鉄道技術ライター、交通技術ライター。1970年、三重県生まれ。東北大学工学部卒、東北大学大学院工学研究科修了。化学メーカーに入社後、半導体材料等の開発に従事し、2004年に独立。高度化した技術を一般向けに翻訳したり、鉄道や道路を支える現場や当事者を紹介する活動を行なっている。近著に『鉄道をつくる人たち』(交通新聞社)、『鉄道を科学する』(SBクリエイティブ)、『図解・首都高速の科学』(講談社)、『鐵路的科學』(中国語版・晨星出版社)などがある。本書では図版も担当。
続きはコチラ



東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たち無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たち詳細はコチラから



東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たち


>>>東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たちの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たちの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たちを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たちを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たちを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たちの購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たちを勧める理由

東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たちって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たち普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たちBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たちを楽しむのにいいのではないでしょうか。


懐かしいコミックなど、書店では取り寄せてもらわなければ入手困難な本も、BookLive「東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たち」としてバラエティー豊富に並べられているので、どんな場所でもDLして閲覧できます。
コミックの売り上げは、年々右肩下がりになっているという現状です。似たり寄ったりな販売戦略に固執せず、誰でも読める無料漫画などを広めることで、新たなユーザーの獲得を企図しています。
BookLive「東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たち」の販売促進戦略として、試し読みが可能という取り組みは画期的なアイデアではないかと思います。いつでもある程度の内容を読むことが可能なので、わずかな時間を賢く使って漫画を選ぶことが可能です。
前もって中身を確認することが可能だったら、購入した後につまらなかったと後悔することが少ないはずです。普通の本屋さんで立ち読みをするように、BookLive「東京総合指令室 東京圏1400万人の足を支える指令員たち」におきましても試し読みを行なえば、どんな漫画か確認できます。
“無料コミック”を活用すれば、買おうかどうか検討中の漫画を少しだけ試し読みで確認することが可能です。決済前に漫画の展開をそこそこ把握可能なので、高い評価を受けています。


ページの先頭へ