BookLive「ブックライブ」の「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまで無料立ち読み


【写真を使うすべてのデザイナー必須の知識とテクニックをまとめた一冊】デザインワークで写真を使う場合、そのデザインの目的をターゲットに写真を準備し、レイアウトしていきます。そのプロセスでは、写真の基本知識や画像の特性、写真とレイアウトとの相関を広く深く知っておくことがとても重要になります。本書では、写真画像を使用する際の注意点や、写真を用いたレイアウトの基本、印刷用・ウェブ用などさまざまな条件への対応、撮影におけるシャッタースピードや絞りの設定値による写真画像の変化、画像の基本的な調整法など、写真を使用するデザイン作業で必要な知識、情報をまとめました。撮影のディレクション、写真の基本補正と加工、写真を効果的に見せる/写真で品質を上げるレイアウトなどがわかる、「写真を使う」デザインに強くなる一冊です。〈主な内容〉Chapter 1 「写真を使う」デザインの基本Chapter 2 「写真を使う」レイアウト手法の基本Chapter 3 「写真を使う」レイアウト手法の事例Chapter 4 写真の基本Chapter 5 デジタル画像データの基本Chapter 6 Photoshopによる補正Chapter 7 よくある写真補正Chapter 8 写真のグラフィック的表現
続きはコチラ



「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまで無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまで詳細はコチラから



「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまで


>>>「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまでの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまでの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまでを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまでを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまでを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまでの購入価格は税込で「2376円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまでを勧める理由

「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまでって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまで普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまでBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまでを楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまで」を楽しみたいなら、スマホが役立ちます。パソコンは持ち歩くなんてことはできませんし、タブレットも電車内などで読むという場合には、大きすぎて邪魔になると言えるでしょう。
普段から山のように本を読む人にとっては、月毎に同一料金を払うことにより何冊だって読み放題という形で閲覧できるという料金システムは、まさに斬新だと高く評価できるでしょう。
コミックサイトの一番のウリは、扱っている本の数が本屋よりはるかに多いということだと言っていいでしょう。売れずに返本扱いになる心配がないということで、多岐に亘るタイトルを取り扱えるというわけです。
あらかじめある程度中身を知ることができるのであれば、買った後に後悔するようなことにはならないでしょう。本屋で立ち読みをするのと同じように、BookLive「「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまで」でも試し読みを行なえば、漫画の中身を確かめられます。
幼少期に何度も読んだお気に入りの漫画も、BookLive「「写真を使う」デザインのルール 撮影から補正・レイアウトまで」という形で読めるようになっています。書店では取り扱っていない漫画もいろいろ見つかるのが利点だと言っていいでしょう。


ページの先頭へ