BookLive「ブックライブ」の作家という病無料立ち読み


どこかしら「過剰」だからこそ作家なのだ--。小説新潮の編集に約30年携わり、同誌の編集長もつとめた著者が、鬼籍に入った思い出深い著者たちの記憶をたどる。渡辺淳一、山村美紗、遠藤周作、水上勉、井上ひさし、城山三郎、久世光彦……総勢21名の作家たちのそれぞれの業(ごう)を秘話満載で描く。(講談社現代新書)
続きはコチラ



作家という病無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


作家という病詳細はコチラから



作家という病


>>>作家という病の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)作家という病の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する作家という病を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は作家という病を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して作家という病を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)作家という病の購入価格は税込で「810円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)作家という病を勧める理由

作家という病って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
作家という病普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
作家という病BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に作家という病を楽しむのにいいのではないでしょうか。


読み放題プランというシステムは、電子書籍業界におきましては正しく斬新な挑戦になるのです。読む方にとっても出版社や作家さんにとってもメリットが多いと言うことができます。
スマホ上で見る電子書籍は、ご存知かと思いますがフォントサイズを調節することができますから、老眼で近場が見えないご高齢の方でもスラスラ読めるというメリットがあるわけです。
コミックを購読する時には、BookLive「作家という病」を活用して試し読みをするというのがおすすめです。物語のテーマや漫画のキャラクターの容姿を、先に確認できます。
「大体のストーリーを確認してからDLしたい」と思っている方にとって、無料漫画というのは短所のないサービスに違いありません。運営側からしましても、利用者数増加が可能となります。
スマホを持っている人なら、読みたいときにコミックを読みまくることができるのが、コミックサイトの強みです。1冊ずつ買うスタイルのサイトや月極め料金のサイトがあります。


ページの先頭へ