BookLive「ブックライブ」のあらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻無料立ち読み


隣国からせめられ命からがら逃げ出した鍬形城の奥方は、夫を助けるために森にすむ醜い妖精と取り引きをする。それはお互いの子どもの顔をとり替えるというものだった。助かった殿様と奥方の間に、待望の女の子が生まれるのだが……。ほかに『つるの泉』『母の眼ばなし』『こけし探偵局』『ピンクの天使』『あけぼのさん』『カーテンは今夜も青い』『白くじゃくの歌』『ヨッコちゃんがきたよ!』を併録。 『あらしの妖精』(手塚治虫漫画全集MT313『あらしの妖精』収録)/『つるの泉』(手塚治虫漫画全集MT382『とんから谷物語』」収録)/『母の眼ばなし』(手塚治虫漫画全集MT382『とんから谷物語』収録)/『こけし探偵局』(手塚治虫漫画全集MT313『あらしの妖精』収録)/『ピンクの天使』(手塚治虫漫画全集MT313『あらしの妖精』収録)/『あけぼのさん』(手塚治虫漫画全集MT314『そよ風さん』収録)/『カーテンは今夜も青い』(手塚治虫漫画全集MT87『虹のプレリュード』収録)/『白くじゃくの歌』(手塚治虫漫画全集MT87『虹のプレリュード』収録)/『ヨッコちゃんがきたよ!』(手塚治虫漫画全集MT314『そよ風さん』収録) 『あらしの妖精』 1955年9月号~1957年3月号 少女ブック連載/『つるの泉』 1956年2月号~4月号 少女クラブ連載/『母の眼ばなし』 1957年3月号 少女掲載/『こけし探偵局』 1957年4月号~12月号 なかよし連載/『ピンクの天使』 1957年4月号~1958年2月号 少女ブック連載/『あけぼのさん』 1959年1月号~7月号 りぼん連載/『カーテンは今夜も青い』 1958年新年増刊号 少女掲載/『白くじゃくの歌』 1959年夏休み増刊号 なかよし掲載/『ヨッコちゃんがきたよ!』 1962年1月号~1962年4月号 なかよし連載
続きはコチラ



あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻詳細はコチラから



あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻


>>>あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するあらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はあらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してあらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻の購入価格は税込で「864円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻を勧める理由

あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にあらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻を楽しむのにいいのではないでしょうか。


利用している人の数が右肩上がりで増加しつつあるのが話題のコミックサイトです。以前であれば絶対単行本で買うという人が大部分でしたが、嵩張らない電子書籍として買って閲覧するというユーザーが増えているのです。
試し読みをして漫画のイラストや中身をチェックした上で、心配せずに購入できるのが、気軽にアクセスできるWeb漫画の長所と言えます。予め話がわかるので失敗することがほとんどないと言えます。
読み放題プランという仕組みは、電子書籍業界においては言わば革新的とも言える取り組みなのです。本を買う側にとっても出版社側にとっても、プラスの面が多いということで注目されています。
新刊が出版されるごとに書店で買い求めるのは時間の無駄遣いとなります。とは言いましても、まとめて購入するのは内容がイマイチだったときのお財布へのダメージが大きいです。BookLive「あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻」は都度買うことができるので、その点心配無用だと言えます。
購入した書籍は返品は許されないので、内容を確かめたあとでお金を払いたい人には、試し読みで中身が確認できる無料電子書籍はメチャクチャ役立ちます。漫画も同様に中身を見て買い求められます。


ページの先頭へ