BookLive「ブックライブ」の38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻無料立ち読み


カビの生えたパンを食べた途端、なぜか体がミクロサイズになってしまったケン一とヒゲオヤジ。そのまま、ある少年の体内に吸い込まれてしまうが、そこでは結核菌対白血球の全面戦争が行われていた! 白血球の鉄壁な守りで劣勢を強いられる結核菌に、ケン一とヒゲオヤジは捕われてしまう。戦術を練るため、人間の体内構造を教えろと脅迫されて……。各臓器を舞台に繰り広げられる存続を懸けた戦いの結末は!? 表題作の他に7編を収録。 『38度線上の怪物』(手塚治虫漫画全集MT43『38度線上の怪物』収録)/『火星からきた男』(手塚治虫漫画全集MT43『38度線上の怪物』収録)/『化石人間』(手塚治虫漫画全集MT43『38度線上の怪物』収録)/『化石人間の逆襲』(手塚治虫漫画全集MT43『38度線上の怪物』収録)/『人食岬の決戦』(手塚治虫漫画全集MT319『落盤』収録)/『ジェット基地の幽霊』(手塚治虫漫画全集MT319『落盤』収録)/『落盤』(手塚治虫漫画全集MT319『落盤』収録)/『花とあらくれ』(手塚治虫漫画全集MT319『落盤』収録) 『38度線上の怪物』 1953年3月号 少年画報付録/『火星からきた男』 1953年7月号 少年画報付録/『化石人間』 1952年2月号 冒険王付録/『化石人間の逆襲』 1952年7月号 冒険王付録/『人食岬の決戦』 1957年8月号 冒険王付録/『ジェット基地の幽霊』 1958年9月15日 冒険王夏休み大増刊掲載/『落盤』 1959年9月15日発行 X(第3集)掲載/『花とあらくれ』 1959年12年15日発行 X(第5集)掲載
続きはコチラ



38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻詳細はコチラから



38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻


>>>38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻を勧める理由

38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「電子書籍が好きじゃない」という方も多くいますが、スマホを使って1回でも電子書籍を読めば、持ち運びの便利さや支払方法の簡単さから繰り返し購入する人が大半だと聞いています。
電子書籍も本屋で売られている本と同じように情報自体が商品となるので、つまらないと感じても返すことはできません。そんなわけで、自分の好みに合うかを確かめるためにも、無料漫画を読むようにした方が良いと思います。
ネットにある本の通販サイトでは、基本として作者やタイトル以外、大体のあらすじしか確かめられません。それに比べBookLive「38度線上の怪物 手塚治虫文庫全集 1巻」だったら、2~3ページくらいは試し読みすることが可能です。
漫画を買う人の数は、年を追うごとに縮減している状態です。定番と言われている営業戦略に固執することなく、直接的には利益にならない無料漫画などを展開することで、新規利用者数の増大を狙っているのです。
書籍は返すことが出来ないので、内容を理解してから支払いをしたい人には、試し読みで内容が確認できる無料電子書籍はメチャクチャ使えます。漫画も軽“く立ち読み”してから購入できるのです。


ページの先頭へ