BookLive「ブックライブ」の「私小説」を読む無料立ち読み


志賀直哉、藤枝静男、安岡章太郎を貫く「私小説」の系譜。だが、著者はここで日本文学の一分野を改めて顕揚したり、再定義を下したりはしない。本書は、我々が無意識・無前提に受け入れている「読みの不自由さ」から離れ、ひたすら、いまここにある言葉を読むこと、「作品」の表層にある言葉の群との戯れを通じ、一瞬ごとの現在を生きようとする試みなのである。「読むこと」の深見と凄みを示す、文芸批評の名著。
続きはコチラ



「私小説」を読む無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


「私小説」を読む詳細はコチラから



「私小説」を読む


>>>「私小説」を読むの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「私小説」を読むの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する「私小説」を読むを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は「私小説」を読むを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して「私小説」を読むを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)「私小説」を読むの購入価格は税込で「1404円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)「私小説」を読むを勧める理由

「私小説」を読むって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
「私小説」を読む普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
「私小説」を読むBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に「私小説」を読むを楽しむのにいいのではないでしょうか。


日頃より沢山漫画を購入するという方にしてみれば、毎月決まった料金を支払うことでどれだけでも読み放題で閲覧することができるというサービスシステムは、まさに革命的と言えるでしょう。
最近のアニメ動画は若者だけが楽しむものではなくなりました。大人が見ても十分楽しめるコンテンツで、人間の心を癒すメッセージ性を秘めたアニメも多くなっています。
「電車に乗っている時にコミックを読むなんてあり得ない」と言われる方でも、スマホ本体に漫画を入れておけば、他人の視線を気にする必要はなくなります。このことがBookLive「「私小説」を読む」の長所です。
老眼が進んで、近くにあるものが見にくくて困っているという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホ上で電子書籍を閲覧することができるというのは、何より嬉しいことなのです。文字の大きさを調整すれば、劇的に読みやすくなるからです。
お店では、スペースの問題から並べることができる書籍数に限度がありますが、BookLive「「私小説」を読む」だとこの手の制約がないため、今はあまり取り扱われない書籍もあり、人気を博しているのです。


ページの先頭へ