BookLive「ブックライブ」の罪の声無料立ち読み


京都でテーラーを営む曽根俊也は、父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われたテープとまったく同じものだった。週刊文春ミステリーベスト10 2016年【国内部門】第1位!
続きはコチラ



罪の声無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


罪の声詳細はコチラから



罪の声


>>>罪の声の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)罪の声の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する罪の声を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は罪の声を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して罪の声を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)罪の声の購入価格は税込で「1458円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)罪の声を勧める理由

罪の声って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
罪の声普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
罪の声BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に罪の声を楽しむのにいいのではないでしょうか。


電子書籍は買いやすく、知らないうちに買いすぎているということが十分考えられます。一方で読み放題だったら月額料が固定なので、何冊読破しようとも料金が高くなることを心配する必要がありません。
販売から年数がたった漫画など、売り場では取り寄せを頼まなくては入手困難な本も、BookLive「罪の声」という形でバラエティー豊富に並べられているので、スマホが1台あればオーダーして閲覧できます。
「詳細を理解してからお金を払いたい」と思っているユーザーからすれば、無料漫画と申しますのは良い所だらけのサービスなのです。運営者側からしましても、新規利用者獲得に繋がるはずです。
新刊が出版されるごとに書店で買い求めるのは面倒ですよね。だとしても、一気に買うというのは退屈な内容だったときの精神的なダメージが半端ないです。BookLive「罪の声」は都度買うことができるので、失敗知らずです。
月額の利用料が固定されているサイト、登録しなくても使用できるサイト、1冊ずつ売っているサイト、タダのコミックが豊富なサイトなど、コミックサイトも何だかんだと違いがありますので、比較することをおすすめします。


ページの先頭へ