BookLive「ブックライブ」の天皇製民主主義の根本問題無料立ち読み


天皇制度は日本の社会を理解するための鍵である。 本書は、憲法を守ると明言する天皇家を主軸にこの国を総合的に考察する社会科学書である。 皇居の宮殿で執りおこなわれている祭祀に詳しい学者が,現代家族としての皇族の問題に詳しいわけではない。 天皇裕仁の戦争責任の問題や日米 安全保障条約・日米地位協定に詳しい学者が,宮中祭祀の歴史に詳しいことは,ほとんどない。 憲法第9条の問題に詳しい学者が,皇室・宮廷史として の古代史に詳しい場合はない,といってよい。 明治維新から『創られた天皇制』は,皇室神道的な宗教観念をもって依然,「皇祖皇宗」の歴史へと「遡源する信仰」心を有する,「天皇家の人びと の精神機制」のなかに存在している。それゆえ,天皇たちは,みずからもまた「神になりゆく立場」にいるという皇室神道式の宗教心を,間違いなく抱き,堅く信仰している。 問題の焦点に位置したのは,敗戦体験のある昭和の天皇裕仁であった。 明治天皇が,明治維新によって「作られたもの」として,大正天皇や昭和天皇 を「作るもの」の立場にあった。 大正天皇の在位にあっては,昭和天皇の摂政時代(1921年11月25日より)が食いこんでいた事情を考慮すると,「作られた」天皇裕仁による在位期間のほうは,足かけで69年,実質でも67年もの長期間になっていた。 敗戦後の占領期を経て日本独立までの時期,昭和天皇が「象徴の立場」を,実体的には一顧だにしない方途で,自分と一族の安定確保のために,それ も〈象徴君主的〉というには,あまりにもみぐるしい「裏工作的な政治行動」をしてきた。しかも,このときの昭和天皇は,みごとなまで「作られたも の」が「作るもの」を「作る」場面を,みずから主体的に行為して形成していた。アメリカ側も,日本を占領・統治する都合上,天皇のそうした行為を 功利的に逆用してきた。 結局,敗戦国日本は,昭和天皇の個人的な利害を中心に,それもアメリカが応じて用意した裏舞台に乗りながら,その後における国家の方向性を決定させられていった。 昭和天皇が戦後になっても,国民(旧臣民)のことを「赤子(せきし)」あつかいしていた意識は,歴然たる事実であった。 敗戦の 憂き目程度で,自意識が完全にへこたれるヤワな天皇裕仁ではなかった。 戦後における彼の行為は,名は象徴(「作られたもの」)ではあっても,まさしく「絶対的な」君主そのもの(「作るもの」を「作る」立場)にあったわけである。 天皇明仁は,このところ世間を騒がせてきた「集団的自衛権行使」の問題に賛意を抱いていない。 彼は,象徴天皇の立場から皇室政治にとってのこの 利害得失を明敏にみぬき,比較考量してきている。 本書『天皇製民主主義の根本問題-悩む天皇・彷徨う天皇家・揺らがぬ天皇制-』が,そうした天皇の深層心理にまで関心を向けて,日本社会における卵黄たる近代皇室を統合科学的に論究する。※ 主に「『本書』全体の主旨 」より。
続きはコチラ



天皇製民主主義の根本問題無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


天皇製民主主義の根本問題詳細はコチラから



天皇製民主主義の根本問題


>>>天皇製民主主義の根本問題の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)天皇製民主主義の根本問題の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する天皇製民主主義の根本問題を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は天皇製民主主義の根本問題を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して天皇製民主主義の根本問題を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)天皇製民主主義の根本問題の購入価格は税込で「3888円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)天皇製民主主義の根本問題を勧める理由

天皇製民主主義の根本問題って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
天皇製民主主義の根本問題普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
天皇製民主主義の根本問題BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に天皇製民主主義の根本問題を楽しむのにいいのではないでしょうか。


ここのところスマホを通じて堪能することができる趣味も、一段と多様化が進展しています。無料アニメ動画はもとより、無料電子書籍やスマホでできるゲームなど、いろんなサービスの中から選択できます。
書籍の販売低下が嘆かれる昨今、電子書籍は核心的なシステムを展開することによって、新規登録者を飛躍的増加させているのです。過去に例のない読み放題という販売方法がそれを現実化したのです。
スマホやタブレットで電子書籍をDLすれば、通勤中やコーヒータイムなど、ちょっとした時間に読むことができます。立ち読みも可能ですから、書店まで足を運ぶことは不要なのです。
移動中の何もしていない時などのわずかな時間に、無料漫画をさらっと見て興味がそそられた本を見つけ出しておけば、後々時間のある時に購入して続きを満喫することができてしまいます。
ユーザーがどんどん増加し続けているのが評判のコミックサイトです。これまでは漫画を単行本で買うという人が大概でしたが、手軽な電子書籍として買って閲覧するという利用者が増加しつつあるのです。


ページの先頭へ